FC2ブログ
新しい肥後守を買いました
鉛筆を削るためだけにいい刃物を選んでいます。今回ちょっといいものを買ってしまいました。


こんにちは。むだなところに贅沢をするぶろです。ああ・・・贅沢は敵です。



KC380912.jpg

今回購入したのは、写真中央の肥後守(ひごのかみ)です。多層鋼だということ。のちにくわしく紹介。
一応全長は同じとされる、普及版の箱と比較するとだいぶ違います。
一番左にあるものは桐の箱の上部です、念のため。


KC380913.jpg

折りたたみ式の刃物です。
刃の切る部分のみ青紙という上質な鋼を使っているらしいです。そして中央部には波打っているような模様があります。これが多層鋼というらしいのですが、正直見た目だけで性能がよくなるわけではなさそうですね。



KC380914.jpg

KC380915.jpg


上の写真が表(?)で、下の写真が裏です。
裏には竹と虎の絵、作者の銘が打ってあります。



KC380916.jpg

以前から使用していた肥後守と比較してみます。
刃先は5mmしか違わないらしいですが、重厚感が違いすぎます。
写真ではわかりにくい部分ばかりですが、随所に細かい違いが見られます。うーむ、普及品と比較するのが間違いだったか・・・^^;





入手してから、早速研ぎます。
いくら研いでも、以前から使用していたものより切れ味がよくならずにとても残念な気分になりました。
とはいっても、やはり何度も研いでいるうちにだいぶよくなりました。以前から使っていたものよりも切れ味がよくなりました。よく切れる刃物を用いて鉛筆を削ると、切れ味のよくないものは使えなくなってしまいますから困ります(汗



刃物が云々というと、どうしても危ないイメージがつきまとうみたいです。人を傷つける道具だ~とかなんとか。
といっても、普段から使っている私からすると、危険な道具だとは感じません。研いだところで、すぱっと切れるものではありませんし。

包丁もそうですけど、日ごろから手にしている人とそうでない人とでは、印象が大きく違うみたいですね。



鉛筆を削ったことのない人は、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
筆鉛筆を入手!!
「筆鉛筆」とは、日本ではじめて作られた10Bの鉛筆で、売っている場所は1か所しかないとうわさされていた鉛筆です。
10Bの鉛筆とは聞いていましたが、筆鉛筆という名称を把握できず、入手不可能なものだと思っていました。


と、あるとき、とあるホームセンターで鉛筆売り場へほいほい行ってみると・・・なぜか普通に売っていました(笑



こんにちは。筆鉛筆入手で毎日が楽しいぶろです。



KC380900.jpg

写真上のものが「筆鉛筆」
写真下のものが「Hi-uni Super-DX」というもの。よくわかりません。


筆鉛筆は、ハイユニ同様頭部のみ円形で頂点部分に黄色い点が見られます。円形部分の塗装は黒です。
一方ハイユニスーパーDX(今後こちらで統一します)は、円形部分の塗装が黄土色のような感じで、頂点には黒い点があります。
なんだかんだで後者のほうが気になっています。他のハイユニと軸の色が若干違いますし、検索しても情報が手に入りませんので。
そのうち報告します。こちらはまだ削っていないのです(汗



さて、定価が1本400円の筆鉛筆を削ってみることに。
うーむ、削るのにも緊張してしまいます。なにせ値段に追い込まれてうまく削れません。失敗したら大変です。
とはいっても、鉛筆1本で400円(実際はもうちょっと安く買いました・・・ばれてるか)と考えるよりも、ただの400円だと思えば問題ないです!! オトナですから・・・(笑


そして書いてみます。



ほお~これはしっかり書ける鉛筆ですな!!
比較的入手しやすいハイユニ10Bと比較してみますと、芯は筆鉛筆のほうが硬く、若干色の薄い印象を受けました。
これは欠点ではなく、容赦なく濃く滑らかなハイユニ10Bに対して、気合を入れて書けるようなしっかりとした作りになっているのだと思います。確かに芯は硬いのですが、HB程度の鉛筆を書いているときのがりがりした感触は一切ありません。これが高級な鉛筆ということですか・・・!!


そしてためし書き。



KC380911.jpg

以降種々の鉛筆を書きくらべしたいので、書いていく字はこれで決定しようかと思います。
最近使う言葉とはいえ、なんだかひどい標語です><


右上:ついつい私が書きたくなってしまう「硬」という字を楷書で書いてみた
右下:ついつい私が(略)を行書っぽく書いてみた
左:私がよく使う「贅沢は敵だ」を楷書と行書の中間っぽく書いてみた


たしかに贅沢は敵です。くだらない贅沢で、いままでいくら使ってきたことやら・・・とはいえ、敵とはいえ仲よくしてしまいます。

贅沢の贅は「ぜいにく」の贅の字!! 左上は「土」の下に「方」!! この2つもよく言いますね(笑







鉛筆の評価は、ある程度項目にわけて、主観たっぷりの5段階評価にしようというのは決定しています!!
でもその評価項目や基準が全然定まっていないので、いまだ手つかずです。早くまとめたいところ。






鉛筆は鉛筆で、書いていて楽しいです。ぜひこの際、鉛筆を使ってみてはいかがでしょうか。
ファーバーカステルの新聞広告

3月の終わりのころ、新聞を眺めていたらファーバーカステルの広告がありました!!
鉛筆なだけでテンションがあがりますが、ことに愛用のものとなると、なんだかうれしくもなってきます。
さりげなくパーフェクトペンシルの写真つきでいいですね。

現在は違う会社(カランダッシュ)の鉛筆を主に使用していますけど、ファーバーカステルのカステル9000番のしっくりくる書き味が忘れられません。普段使う鉛筆をカステル9000番にしようか迷ってしまいます><

とりあえずはいろいろな会社のいろいろな硬度の鉛筆を使ってみるつもり。
たとえ本当に気に入ったものが見つかっても、それを使い続けることはなさそうです。たくさんの鉛筆に触れているのが楽しい!!

使い続けたいと思える鉛筆に出逢えればそれもそれでいいんですけど、見つかるのかなぁ。
さすがに更新をしないとまずかろう
20100107024537
うむ~ネタが思い浮かびません。
たくさん材料はあるのに、何か残念です。


今回は、初シモジマでのお買い物について!!
1カ月以上前のことでごめんなさい。

紙や袋のような、装飾品の小物を扱う専門店として知られているシモジマです。しかし、私のまわりでは、文房具を扱っている店として有名です。

このお店はほとんどの商品が2割引~なのです!!
品揃えは比べものになりませんけれども、全品2割引の世界堂より安い商品はたくさんあります。

ここで念願のクルトガを入手。
当たり前のように皆が知ってるものなのかと思っていましたよ。なんだかあんまり知名度は高くないみたいです。

ついでに消しゴムも購入!!
これだけ買って、600円もしなかったような。
クルトガは定価525円なので、だいぶ安く買えました。


鉛筆ばかり使っているので、筆箱に入っていてもクルトガを使う機会はほとんどないです。
絶賛する人は多いようなので、かなりオススメ!!
私からしたら、ガリガリして書きにくい! が第一印象でしょうか。
STAEDTLER PVC-free
20091217234119
ステッドラーのPVC-freeな消しゴムを見つけて、迷わず購入。
最近NON-PVC消しゴムがはやっているみたいです。
環境に悪影響を及ぼさないだけかな~とは思っていたのですが、案外そうでもないみたいです。
会社によって消し味はまちまち。国産のは、ねちょねちょっとした感覚で、固めた練り消しみたいなものが多いです。対してファーバーカステルのものは、とても硬いです。
日本とドイツで、こんなに違うのかぁ。ステッドラーのこの消しゴムは後者にちかいのかな?

消しゴムは間に合っているので、当分は開封しないつもりです。
消し味は気になるけど、中途半端に使ってある消しゴムが増えるのも、またまた困ります!!
パーフェクトペンシル ブラック
記事にしたいこと・・・

◎11月15日だかの、蒲田遠征
◎11月8日の第2回漢字検定


う~ん、そのうちまとめよう。



こんにちは。相変わらずの鉛筆ライフを楽しんでいるぶろです。

UFOパーフェクトペンシルに続いて、黒いパーフェクトペンシルも買ってしまいました。



KC380733.jpg


鉛筆にしては高い買い物です。
今回は数独を作るときにでも使おうかな~というノリで買いました。

激辛数独7がもうすぐ発売されるということで、俄然わくわくしてきました。このノリで数独を作ろう!!
作るには、やっぱりいい鉛筆があったほうがいい!! という感じです。
いい鉛筆というのは、性能というより書きたいというモチベーションを高めるためのものですたぶん。


KC380734.jpg
↑限定版の黒いキャップ


KC380735.jpg
↑鉛筆まで黒くなっています




これのおかげで、数独作りがはかどっています。
よさそうな問題が3問ほどできたかな? これなら次に依頼がきても大丈夫そうです。
たくさん作って数独通信への投稿もしないと・・・


作った問題を書きとめておく、数独ノートがどっかいってしまった!!
そんなに作ってはいないけれども、過去3年分の問題がすべて載っているので、なんとか探し出さないといけません。
問題作りには8mm方眼用紙を1枚1枚切り取っているので、まとめたノートがないと問題紛失もありえます。一大事なのかも(汗
鉛筆の勢いはとどまることしらず
新しく「文房具」項目を作りました。
文房具全般はそこまで好きではないのですが、黒い鉛筆がここ最近好きなので、書きくらべをするかもしれません・・・あくまで予定。


こんにちは。ポケモンにはまりすぎたぶろです。


更新停止の原因の半分は、おそらくポケモンでしょう。
どこでも持っていけてできるというところがおそろしくて、パソコンの起動はおろか、メールを返す暇さえ与えてくれません。メールの返信が遅くなって申し訳ありません>< 案外心当たりがある人は何人もいるはずです。

TS君は心配すらしてくれたみたいです。
連絡してくれれば翌日には生存報告でもしたのに・・・ねぇ。




さて、1ヶ月以上あけての更新です。まずは先日買ってしまった鉛筆について。

詳しくは後ほど記事にしようかと思っているので、今回は簡潔に。こう宣言しておいて放置したものはいくつあるんだ!? グランヂs乱10連奏はいつになるのやら。



最近唯一楽しみにしている番組、「お願い!ランキング」で特集された、1本のシャーペンに芯が40本入るというシンドバットを購入。


KC380723.jpg


40本入れるという発想でも、人間ってなんだかこわいという感情が芽ばえたのですけど、店頭に行ってもびっくり。なんとシャー芯40本入で販売されていました。
40本入るからって40本入れて売る必要はないんじゃないのかなぁ。う~んすごい。
HBはあまり好きではないので、そこまで嬉しくはなかったのですが、ないよりはあるほうが嬉しいに決まっています。

早速使ってみます・・・



う~ん、期待していただけに、ちょっと残念な感じでした。

まずは頭部のキャップ。はずれやすすぎます。うっかり外れてキャップがなくなってしまったら使い物にならなくなってしまいます。
それに内部の駆動も普通のシャーペンとちょっと違うみたい。
中の芯が邪魔して、出した芯がうまく収納できないこともあります。

そうそう、下手に柔らかい芯を使用するのは避けたほうがいいようです。
姉貴が水色の芯を入れたらぶっ壊れました。


なんだかんだいっても、持ってると話題になる1本!!


次は「ケスゴム」
KC380725.jpg

本来は「KESUGOMU」なのか、どうなんだか本気でわからないくらい浸透していません。
いったいどこで売ってるのだろうかと、行きつけの世界堂本店でようやく発見。見つけにくい場所ではないのですけれども、消しゴムコーナーには置いてありませんでした。
漢字の「消」の字をかたどっています。最近はやり(?)のNON-PVC消しゴムです。ネチョネチョした消し味が魅力的かも。
それなりに消えます。普段使っている鉛筆が4Bなので、カンペキに消えることはないんですけどね。






その他

KC380724.jpg

上段に並べてあるのが、ファーバーカステルの消しゴムです。はじめて使ったときは、安いだけあって硬いし消えないなぁなんて思っていたのですが、ほかの人に貸したら大好評。B程度の濃さなら「触れただけで消せる」という具合みたいです。TS君に勧めておいたので、感想をいただきたいところ。
この消しゴムの欠点は、日本で普及している消しゴムとは違って、消しカスが散ってしまうところです。後はMONOなんかに慣れている人は硬くてたえられないかもしれませんね。
消字性や柔らかさなど、国産消しゴムにもいいものはありますけど、今一番オススメな消しゴムはこれ!!
こちらはPVC-FREE消しゴム。ケスゴムと一緒で、塩ビを使用してないという表現なのでしょうけど、こんな表現をしているのはファーバーカステルのこれだけしか知りません。

消しゴムの下にあるのは、ステッドラーのトラディショナル(traditional)というシリーズ。なんと、世界堂が先行発売!! まだ世に出回ってないみたいですよ^^
値段はたしか、青い軸で有名なマルスルモグラフシリーズの半分だったはず、1本84円です。それなのに、性能はルモグラフと大差がないとうたっています。
実際に使用してみました。定着性は明らかにルモグラフが上です。それに、書いた時の字の濃度もルモグラフが上。薄い点もあってか、少々ガリガリすることもありますが、決して悪い鉛筆ではありません。
デザインも気に入って、ちょくちょく使用してします。ルモグラフは、着色したような黒っぽく感じるので、トラディショナルのほうが自然な書き味ですね。


他、持ってない鉛筆を少々、もしかしたらシャーペンを使うかもしれない!?ということでハイユニのシャー芯も購入。





画像が鮮明ではなくて、楽しさ半減です。次に鉛筆を語るときは、もっといい画像にできたらな~と期待をこめて、今回はここまで。


とりあえず1週間に1回は更新しないと!!

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.