コントレックスを飲んだ!!


なんだかやせる? と評判の硬水「コントレックス」がうちにやってきました。
硬水って飲んだことないです。早速飲んでみます。



(ごくごくっ)




お、おお・・・硬水というのはしょっぱくてどうしようという味なのかと思いましたがそうでもありません。
後味はなんだろう、粒にも残らない砂利が口全体にへばりついたような感じです。まぁおいしいものではありませんね。
ひとくちふたくちはまだまだ大丈夫ですが、さすがに回を重ねると苦しくなってきます。のどに通したくない!!っていう拒否反応みたいな感じに若干ですがなっちゃいました。

そんなことを言っても、笑いながら飲んだり泣きながら飲んだり、食事中にひとくち飲んだりすれば問題はない程度です。味には鈍感なほうだと思う私にも他の水よりおいしくないと気づいたのですから、大半は気づいてしまうはず。



知らぬが仏とはこういうことですか。良薬は口に苦し? もあてはまりそう(笑
関連記事
スポンサーサイト
新しい肥後守を買いました
鉛筆を削るためだけにいい刃物を選んでいます。今回ちょっといいものを買ってしまいました。


こんにちは。むだなところに贅沢をするぶろです。ああ・・・贅沢は敵です。



KC380912.jpg

今回購入したのは、写真中央の肥後守(ひごのかみ)です。多層鋼だということ。のちにくわしく紹介。
一応全長は同じとされる、普及版の箱と比較するとだいぶ違います。
一番左にあるものは桐の箱の上部です、念のため。


KC380913.jpg

折りたたみ式の刃物です。
刃の切る部分のみ青紙という上質な鋼を使っているらしいです。そして中央部には波打っているような模様があります。これが多層鋼というらしいのですが、正直見た目だけで性能がよくなるわけではなさそうですね。



KC380914.jpg

KC380915.jpg


上の写真が表(?)で、下の写真が裏です。
裏には竹と虎の絵、作者の銘が打ってあります。



KC380916.jpg

以前から使用していた肥後守と比較してみます。
刃先は5mmしか違わないらしいですが、重厚感が違いすぎます。
写真ではわかりにくい部分ばかりですが、随所に細かい違いが見られます。うーむ、普及品と比較するのが間違いだったか・・・^^;





入手してから、早速研ぎます。
いくら研いでも、以前から使用していたものより切れ味がよくならずにとても残念な気分になりました。
とはいっても、やはり何度も研いでいるうちにだいぶよくなりました。以前から使っていたものよりも切れ味がよくなりました。よく切れる刃物を用いて鉛筆を削ると、切れ味のよくないものは使えなくなってしまいますから困ります(汗



刃物が云々というと、どうしても危ないイメージがつきまとうみたいです。人を傷つける道具だ~とかなんとか。
といっても、普段から使っている私からすると、危険な道具だとは感じません。研いだところで、すぱっと切れるものではありませんし。

包丁もそうですけど、日ごろから手にしている人とそうでない人とでは、印象が大きく違うみたいですね。



鉛筆を削ったことのない人は、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
関連記事
筆鉛筆を入手!!
「筆鉛筆」とは、日本ではじめて作られた10Bの鉛筆で、売っている場所は1か所しかないとうわさされていた鉛筆です。
10Bの鉛筆とは聞いていましたが、筆鉛筆という名称を把握できず、入手不可能なものだと思っていました。


と、あるとき、とあるホームセンターで鉛筆売り場へほいほい行ってみると・・・なぜか普通に売っていました(笑



こんにちは。筆鉛筆入手で毎日が楽しいぶろです。



KC380900.jpg

写真上のものが「筆鉛筆」
写真下のものが「Hi-uni Super-DX」というもの。よくわかりません。


筆鉛筆は、ハイユニ同様頭部のみ円形で頂点部分に黄色い点が見られます。円形部分の塗装は黒です。
一方ハイユニスーパーDX(今後こちらで統一します)は、円形部分の塗装が黄土色のような感じで、頂点には黒い点があります。
なんだかんだで後者のほうが気になっています。他のハイユニと軸の色が若干違いますし、検索しても情報が手に入りませんので。
そのうち報告します。こちらはまだ削っていないのです(汗



さて、定価が1本400円の筆鉛筆を削ってみることに。
うーむ、削るのにも緊張してしまいます。なにせ値段に追い込まれてうまく削れません。失敗したら大変です。
とはいっても、鉛筆1本で400円(実際はもうちょっと安く買いました・・・ばれてるか)と考えるよりも、ただの400円だと思えば問題ないです!! オトナですから・・・(笑


そして書いてみます。



ほお~これはしっかり書ける鉛筆ですな!!
比較的入手しやすいハイユニ10Bと比較してみますと、芯は筆鉛筆のほうが硬く、若干色の薄い印象を受けました。
これは欠点ではなく、容赦なく濃く滑らかなハイユニ10Bに対して、気合を入れて書けるようなしっかりとした作りになっているのだと思います。確かに芯は硬いのですが、HB程度の鉛筆を書いているときのがりがりした感触は一切ありません。これが高級な鉛筆ということですか・・・!!


そしてためし書き。



KC380911.jpg

以降種々の鉛筆を書きくらべしたいので、書いていく字はこれで決定しようかと思います。
最近使う言葉とはいえ、なんだかひどい標語です><


右上:ついつい私が書きたくなってしまう「硬」という字を楷書で書いてみた
右下:ついつい私が(略)を行書っぽく書いてみた
左:私がよく使う「贅沢は敵だ」を楷書と行書の中間っぽく書いてみた


たしかに贅沢は敵です。くだらない贅沢で、いままでいくら使ってきたことやら・・・とはいえ、敵とはいえ仲よくしてしまいます。

贅沢の贅は「ぜいにく」の贅の字!! 左上は「土」の下に「方」!! この2つもよく言いますね(笑







鉛筆の評価は、ある程度項目にわけて、主観たっぷりの5段階評価にしようというのは決定しています!!
でもその評価項目や基準が全然定まっていないので、いまだ手つかずです。早くまとめたいところ。






鉛筆は鉛筆で、書いていて楽しいです。ぜひこの際、鉛筆を使ってみてはいかがでしょうか。
関連記事
ファーバーカステルの新聞広告

3月の終わりのころ、新聞を眺めていたらファーバーカステルの広告がありました!!
鉛筆なだけでテンションがあがりますが、ことに愛用のものとなると、なんだかうれしくもなってきます。
さりげなくパーフェクトペンシルの写真つきでいいですね。

現在は違う会社(カランダッシュ)の鉛筆を主に使用していますけど、ファーバーカステルのカステル9000番のしっくりくる書き味が忘れられません。普段使う鉛筆をカステル9000番にしようか迷ってしまいます><

とりあえずはいろいろな会社のいろいろな硬度の鉛筆を使ってみるつもり。
たとえ本当に気に入ったものが見つかっても、それを使い続けることはなさそうです。たくさんの鉛筆に触れているのが楽しい!!

使い続けたいと思える鉛筆に出逢えればそれもそれでいいんですけど、見つかるのかなぁ。
関連記事
ポップン風雲録の成果についてちょこちょこっと
いまさらですが、こんなときにせんごく列伝イベントの成果を並べておきます。


ネタばれ防止? のため、一応追記にしておきましょう。ええっと、ネタばれ云々も最近は耳にしませんし、そもそもこのブログを見ている人がどれだけいるのだか・・・固定ファンが数人はいてくれそうですが、解禁の速さは間違いなく私より上のはず。まぁ細かいことを気にしたらきりがありません(汗

つづきを表示
関連記事
あさつゆうめええ

毎日なにかしらの日本茶をたしなんでいます。

こんにちは。今年の新茶予約にはいくらかかるんだ!? ちょこっと心配になっているぶろです。
通販で予約して、銀座でも予約して…地元でも予約しないと(汗


いろいろなお茶に触れています。最近は高級志向になってしまいました。

さて、ぎるどまさんとわいわいしていたときに寄り道させていただき、購入したあさつゆです。
あさつゆは茶の品種で、天然玉露と呼ばれています。
品種茶はなかなか手に入りません。普段売られているものは合組(ごうぐみ)というブレンドをされていますし、あさつゆとなると、生産量も少ないです。

購入したときに飲ませていただきました。
渋味がまったくなく、口に残る味がなかなかいい感じでした。

自分で茶の葉や湯の量を調整すると、これがうまい!!
品種茶ということで、味は単調で飽きやすいのには間違いないですけど、どんどん飲みたくなります。飴をかみ砕く気分です。
そして2煎目からは味がなくなってつまらなくなってしまいますが、以降もおいしくいただけます。ほどよい苦味が1煎目と違っていいです。色もだいぶ濃い緑色になりますよ。

そうか、これならいつでも手元にあってもいいんじゃないですかね。

とはいえ、あまりに苦くいれると、薬のような味がします。以前違う場所で購入したあさつゆ(100g1000円程度)もそうでした。これはこの品種独特のものなのですね。



うーん品種茶は奥が深いですな。



そして新茶、その年にしかない味ですたぶん。
5月が楽しみです。気にするといろんなことに手が回らなくなってしまうので、落ち着いて待つことにします。
関連記事
謀叛トランス(EX)s乱を分析 その2
前回、謀叛トランス(EX)s乱を分析の項目で、休憩以降にがんばればなんとかなっちゃう? という表現を残して終了しました。
気になったので早速やってみました。


何のことだかよくわからないという方は、謀叛トランス(EX)s乱を分析の回へどうぞ。





さて、今回は休憩までにゲージ0の状態で果たしてクリアは可能なのか。クリア可能なBAD数を判定し、休憩までゲージ0になってもうっかりクリアできてしまうほど回復するのかどうか。焦点はこれらです。



演奏開始から休憩地点手前まで全部無視、以降がんばって押してみるというスタイルで検証。冷静になって眺めてみると、序盤からとても難しく見えるのは気のせい・・・?

休憩までのポップ君総数は553でした。
後半で、がんばって押したのに落としてしまったポップ君の数は、総BAD数-553 です。





それでは、続きで結果と考察です。
つづきを表示
関連記事
s乱でわいわい!!
4月4日はぎるどまさんと津田沼でわいわいしてきました。


こんにちは。久々の過酷なs乱っぷりに体がついていかないぶろです。


数年前はこんなに疲れなかったんだけど・・・ああいや、ここまで激しくなかったということにしておきましょう。



12時ごろ津田沼駅について早速合流。そしてラーメン屋のなりたけへと向かいます。

最近はどうも食べられなくなっちゃって、以前は大盛りを注文しましたが、私は普通にしておきました。ぎるどまさんは迷わず大盛り。大盛りにしようかどうか迷っている口ぶりなのに、迷わず選ぶところがさすがです。
脂ってなかなか甘みを含んでいていいですね!! 生クリームの甘さはまさにこれだと思っているのですが、どうでしょう。
さすがにちょっと足りないかなぁという感じはしましたが、ムリをしない行動を取れる慎重派になったと解釈して満足することにします。



おなかを満たしてから早速ポップン。

いきなり激しい選曲をするぎるどまさんに、いつもどおりついていけません。
隣でサイレント(EX)をほいほいクリアしているのを眺めて、さすがだなと感じます。クリアしている人を見るとできそうな気がしたので挑戦してみましたが、BAD100をうろうろするばかりで歯が立ちませんでした><



お互い肩慣らしを済ませたところで、s乱縛りの店内対戦。


◎1回目

KC380891.jpg

店内対戦は、以前町田でセキレイさんとわいわいしたとき以来。熱帯でもオジャマは装備しているけど意味がありませんよの組み合わせで変えていませんでした。そのためユーリさんが容赦なくオジャマフル装備でした・・・ごめんなさい(汗


1曲目のぎるどまさん選曲、メタリックオペラ(EX)で泣きました。正規譜面でさえクリアがいっぱいいっぱいなのに、s乱で叩きたくはないですよ・・・といいつつ、2曲目の自選もメタリックオペラ(EX)という(汗
1回目のメタリックオペラはお互いクリアしましたが、2回目は私が力尽きてぎるどまさんがクリア。
たまーににせポップ君の嵐がやってくる仕様ですので、なかなか厳しいものがありました。



◎2回目

KC380892.jpg

今度はオジャマをはずしました・・・大丈夫です。
自選がたしかPSGブレイクコア(EX)、ぎるどまさん選曲がニエンテ(EX)(笑)でした。
ニエンテ(EX)でコンボをとられ、ぎるどまさんがクリアという状態で逆転は不可能かと思いましたが、COM選のカウガールソング(EX)で逆転してしまいました。うーんニエンテ落とした時点でもう私の負けですけどねぇ。



一度だけ叩いた、ヒドサドs乱縛りもなかなか盛り上がりました。




そしてここから、サイレント(EX)s乱を2人でクリアできるかどうかに挑戦!!

以前にトイコン(EX)s乱を2人でクリアできるか!? に挑戦しています。


そして1回目、ハイスピードで悩むところですが、まずは2速で挑戦。



演奏終了でびっくり、ゲージが残ることは残るのですが、半分も残りません・・・(汗
2人いてもクリアできないのか~これじゃ1人でサイレント(EX)s乱をクリアする人間は出てきそうにありませんね。

トイコン挑戦の記事を見てくれればわかりますが、そちらは4回挑戦して4回ともクリアをしています。そしてこれを1人でクリアしている人間は、私の知っている限りTAKTさん1人だけ。今じゃ3人くらいいるかもしれませんが、その程度の人数でしょう。

一応、s乱ではランカーに入りそうな2人が挑戦しているのに残念です。とっても難しい5ボタンですね(笑
そうそう、このときこれくらい難しい5ボタンが導入されてもいいんじゃないかと思っちゃいました。



このまま放っておくわけにもいきません。クリアまで粘着です!! 当たり譜面を呼べばいいだけのことです。



4クレ目2回目なので、たしか8回目のことです。






KC380893.jpg





わークリアしたーー!! 
この部分のみ見ると、単独クリアのような感じしかしませんね。


オプションは結局4.5速ハーフスピード、もちろん2人で挑戦したs乱です。

長かった、お互いよく頑張ったと思います。


難しい要因は、やはり連打が容赦ないことでしょう。階段の滝から一気に難しくなります。
ラス殺しもひどい連打です。余裕がないので自分のラインしか見ていませんが、左右ともに連打の嵐になっているはず。



そして最後に、どちらがs乱で力尽きるか!? な挑戦へとうつります。
選んだ曲はオイパンク0(EX)。やや、これは難しいぞ・・・


まずは私から。オイパンク0(EX)s乱を1曲目から選択。そういえば超チャレでも1曲落ちしなくなりましたねぇ。
さすがにずっと腕を酷使し続けていて、なおかつ休憩を挟んでしまったため、オイ0s乱は厳しいです><
腕が動かないなりにもなんとかクリア。
次にぎるどまさんの番。2曲目ももちろんオイパンク0(EX)s乱。私はしっかり休憩しておきます。
ぎるどまさんも難なくクリア。
2回目のぎるどまさんが叩いたオイ0は結構なはずれ譜面で落としてしまいました><

さすがに難しすぎる? ということで、亜空間ジャズ(EX)s乱に変更しました。
うーむでも亜空間だと落としそうな感じがしないので、やっぱりオイ0(EX)に変更。

その後5回ずつだったかな? 計10回連続でオイ0(EX)s乱を選曲。毎回こんな曲を選んでる2人組がいたら、私はこわくて近づけませんなぁ。いや~ぎるどま先生のノリは恐ろしいです。普段なら絶対こんなことしない・・・はず。




へとへとになったところで新宿へと向かいます。
新宿でもわいわいしたいところでしたが、津田沼で思いのほか時間を消費してしまいましたので、結局博多天神でラーメンを食べるのみとなりました。



急いで東京駅へと向かい、おみやげを買って解散しました!!
東京銘品館を出た先にあった東京銘品館を見て、方向感覚がおかしくなったと錯覚しているぎるどまさんは面白かったです。東京駅ってほんと、こわいところでした。











いつも来てもらってばかりなので、こちらが京都へ向かいたいところですが・・・うーむ、今年は行けるのか!?
関連記事
謀叛トランス(EX)s乱を分析
せんごく列伝の隠し曲、「謀叛トランス」の(EX)s乱が思いのほか難しくて面白いので、すぐにまとめちゃいます。


こんにちは。s乱をちょっと甘くみていて痛い目をみたぶろです。





まずは正規から。

100417_1529_01.jpg

ううっ。なんだかパフェが狙えそうで狙えない・・・フルコンすらできません。



と、そんなわけで鏡にしてみたら



100417_1544_01.jpg

もしや!? と思いましたが、本当にパフェでした。




ここらへんで正規、鏡に満足してs乱に入ります。

そしたら、これがものすごく難しい譜面に変化しちゃいました。大変です。



以降、譜面の傾向や結果から判断できる対策(?)について語っていきます。









ここからは謀叛トランス(EX)s乱の攻略もどきです。
謀叛トランスs乱をクリアしよう!! という方も、s乱はじめたばかりですな方も、どちらでもない人も参考になればと思います。



謀叛トランスの(EX)はLv42で、BPMは150です。

基本的に16分のタイミングが終始続きます。
長いラス殺しが特徴。一部分のみ取り上げてみると案外難しくはないのですが、ものすごく長いということで難易度は42で問題なし。




ここでは譜面を密度の具合によって、ある小節ごとに分けて解析します。
分け方は以下のとおりです。

謎の説明は正規譜面のものです。うーむ伝わるのかどうか・・・




①の地帯 → 演奏開始~17小節(ポップ君が瞬間少なくなって、赤3連打のあるところまで)

②の地帯 → 18小節~26小節(中盤の休憩直前まで)

③の地帯 → 27小節~43小節(中盤の休憩が終了するまで)

④の地帯 → 44小節~53小節(32分のタイミングで白白黄黄緑緑・・・のところまで)

⑤の地帯 → 54小節~61小節(発狂直前まで)

⑥の地帯 → 62小節~演奏終了(2重階段の発狂のところ)



なお、小節の数字は、超上級曲難易度表wikiの謀叛トランスにリンクされている譜面を参考にしました。
勝手に使わせていただきました。ありがとうございます><



それではさっそくs乱譜面を探ってみましょう。



①の地帯:ここは他と比べておとなしい部分。密度は少なめですが、縦連打や変な配置でとりこぼすこと多数。しょっぱなから油断はできません。

②の地帯:ここから①によりも若干密集しているような気がします。この地帯の最後はラス殺しの⑥に匹敵する密度。無理押しもやってくるので、結構厄介かもしれません。

③の地帯:ここで存分に体力を回復させましょう!!

④の地帯:④前半は回復、後半はちょっと詰まっています。32分の部分は多少落としても問題ないでしょう。

⑤の地帯:密度は①とほとんど変わらない? 回復地帯です。

⑥の地帯:あとはひたすら耐えるのみ。



一言ずつ譜面の傾向について語りました。次にs乱クリアへのアドバイスです。
私が叩いたときに思いついたことなので、的を得ているかどうかははなはだ疑問です。間違ってると感じても、つっこまないでください。




相当な体力譜面なのを想像するのは容易です。そして倒してやるぞな気力はとっても重要です。他のs乱譜面でも言えることですが。


この譜面で重要なことは、正規譜面での適正スピードで挑戦するのがよいということです。

私は体力温存と、無理押しへの対応しやすさを優先して、正規や鏡で叩くときの速度よりも0.5速落とすことがあります。それはこの謀叛トランスに当てはまります。BPM150というのはまさにそうで、正規譜面なら5速で叩き、s乱なら4.5速で叩く・・・V(プログレッシブ)(EX)のs乱を代表として、BPM150の曲はそうしてきました。

とはいえ、この譜面は中盤に休憩がある無理押しが少ないといった理由から、速度を落とさなくても挑戦できるのです。

鬼のようなラス殺しを重視して、見切りやすく気合の入りやすい高速で挑むことをオススメします。

もしも体力が続かない場合、いっそのこと序盤(①~②の地帯)は捨ててしまうのもありです。とはいっても、まるっきり押さないわけではなく、休憩地点突入までにゲージが半分程度残っていれば大丈夫でしょう(検証していないので定かではないです)。


どとうのラス殺し(⑥の地帯)、これに耐えなくてはクリアは不可能です。
相当な連打力がないとクリアできない、というのは残念ながら本当です。
譜面の性質やs乱仕様で、縦連打ばかりになってしまうので、これが難易度を上昇させる要因となっているのでしょう。
このことに対しては、とにかく押してみることを意識してみましょう。投げやりでごめんなさい。

ラス殺しは、1つ押しや3つ押しが混ざっていることもありますが、すべて2つ押しが8分で続いていると考えて差し支えありません。V(EX)の交互押しが10秒以上続く感覚です。そう考えるととても恐ろしい・・・
発狂譜面がなぜ難しいかというのは、ごそっと落としてごそっとゲージを持ってかれてしまうことでしょう。押しすぎでゲージが減ることよりも、こぼしすぎでゲージが減ることのほうが断然多いので、とにかく押しておいたほうが得です。一度バランスを崩したら立て直すのが難しいですし・・・根拠がなく、説得力に欠けます(汗





次に私のs乱結果から傾向を見てみましょう。
謀叛トランスを解禁させた4月17日に、s乱を10回叩いてきたときのBAD数、クリア状況は以下のとおり。



◎謀叛トランス(EX)s乱結果  BAD数 : cleared→○ failed→×


  1回目 BAD12 : ○
  2回目 BAD24 : ×
  3回目 BAD25 : ×
  4回目 BAD15 : ○
  5回目 BAD 7 : ○
  6回目 BAD11 : ○
  7回目 BAD19 : ○
  8回目 BAD27 : ○
  9回目 BAD19 : ○
 10回目 BAD34 : ×


1~3回目は4.5速、4~10回目は5速で挑戦。
7勝3敗でした。負け越さなくてよかったです^^;

クリア時の平均BAD数は15.7、未クリア時の平均BAD数は27.7となりました。


5回目の大当たり(絶好調?)から、その後はどんどん疲れていくばかり。③の地帯へ行くまでのBAD数が変化してきました。次回検証する際は、③までのBAD数も調べてみましょう。



どこでどのようにBADを出すかによって大きな違いはありますが、手を抜かずに押した場合、ボーダーラインはBAD30といったところでしょう。
追求すると、⑥の発狂部分でBAD15前後に抑える必要がありそうです。叩いてみた感想でのみの意見ですが、この程度でしょう。
BAD15を目標とすると、ラス殺しの発狂は13秒以上(⑤ラストから演奏終了まで)あり、20個に1個程度しか落とせません。ごそっと落としてしまいがちな譜面ということを考えると、ほとんど落とせない印象です。




◎ 提案する練習曲


ハードPf(EX)s乱:厳しい表現ですが、序盤の難所をフィーバーで抜けられないと、謀叛トランス(EX)s乱の挑戦資格がないものと思っていいでしょう。ひたすらこの曲で練習するのがいいかと思います。

プログレッシブ(100秒)(EX)s乱:ハードPfはハードだと感じる方は、まずこちらから練習してみましょう。

プログレッシブバロック(EX)s乱・メタリックオペラ(EX)s乱:縦連打のさばき方や体力などなど、クリアできなくても学ぶものはたくさんあるはずです。



謀叛トランスの譜面は、ズレがなく素直な譜面なので、練習曲も素直な2重階段や連打を有するものを選びましょう。








何をいおうと、自身の実力ですべてが決まってしまいます。けれども、知識でまかなえる部分が多少あるかもしれません。これから挑む人に役立てば幸いです。この機会にs乱をはじめてみようという方は・・・いないだろうなぁ(笑
とにかく、長い目で見ることが重要であることは間違いありません。いわゆる当たり譜面を引き当て、かつモチベーションがよければクリアは可能です。実力のせいにせず、気楽に待つのもs乱クリアの重要な部分です。
















それではまた、s乱の面白い譜面が出たときまでs乱検証はおあずけです。

今回はこの譜面を超越するものが現れるのか・・・!?
関連記事
不自然なガール

買いました、Perfumeの新曲CDです。

ちょうど音魂でPerfumeが宣伝していました。おどらされたわけではないはず…3月には、CD出る情報を仕入れていて、この日まで待ってましたから。
ああでも、思い出したのは発売日の前日でした(笑

表紙は白い四角?が角度を変えるたびにうにょうにょっとします。
うまく伝えられなくてごめんなさい。


なんだかんだで付属のDVDはまだ見ていません。まぁそのうち見るはず。
関連記事
1泊2日の2日目
なんだかんだですぐ更新することになりました。期待する間もないなぁ(笑


こんにちは。ポップンの安定レベルは37のぶろです。
ドラムンフライ(H)とクラ9(H)が安定しないので・・・><

安定レベル38以上の方はすばらしいです、ええ。



さて、昼間にTS宅を追い出されてからどこいこうかと思案中。

新宿についてから、まずは中野へと向かいます。


数年前に足を運んで、なかなか栄えている町でした。もう一度行きたいなぁなんて思っていましたしちょうどよかったです。
といっても、ポップン筐体の数は半分くらいになってしまったみたいです。だいぶ少なくなってしまいましたなぁ。以前中野へ行ったときは、ポップンミュージックいろは!! でしたか。サイバーガガク(EX)レベル41が忘れられないです。夢に出そうです。



次に新宿へ戻り、今度は町田へと向かいます。

町田は一年ぶりです。ああ、相変わらずすごいなぁ。


ここではセキレイさんと、町田キャッツアイで謎の店内対戦。オートオジャママシン(だっけ?)と、なしなしオジャミックスの、オジャマ発動しませんよ対戦です。COMは好みでオジャマを撃ってくる仕様です。にせポップ君の嵐をセキレイさんにばんばん撃っていた様子でした。

帰りにゲームUFO町田で1クレ。久々に50円1クレを見ました。地元も昔は50円でできたので懐かしいです。



そしてまた新宿。何か食べたい!! ということで新宿周辺をうろうろしていましたが、なかなかいいものはみつからず、とうとう品川まで行っちゃいました。
品川での海鮮丼、値段は高くなくておいしかったです^^





今回はこの辺で。

次回は4月はじめに、ぎるどまさんとわいわいしたことでも取りあげましょう。
関連記事
1泊2日、ポップン三昧
こんにちは。いろいろ悩むことはありますが元気です。
悩みの種は主に頭痛に関すること。あまり痛くなることはないのですが・・・定期的に病院へ行かなくては。


3月の21日と22日はパソピからTS宅でわいわい。



セキレイさんがパソピにくるということなので、こちらはこっそりとTS君を用意。
セキレイさんはいろいろと遅れて午後5時ごろの到着という連絡、TS君は順調について午後5時ごろの到着という連絡でした。
どちらが先に到着するかわくわくしていたのですが、TSクオリティで電車が止まったみたいです。

そしてセキレイさんが着いてから、数十分後にTS君到着。セキレイさんには内緒にしていたのに、こんなことは2度目だからか、全然驚かれていないようでした。


いろんなことをして、店内対戦を2回。
1戦目はDDR(EX)に泣いたTS君でした。
2戦目はボコボコにしたいというTS君の要望により、アジコンでボコボコにしたTS君の勝利。

ほかにもjubeat+横分身なるオジャマで盛り上がっていました。結局私だけやってないです。横分身が苦手ですから><


ほどほどに疲れてTS宅に到着。

まずはTS宅で株ドボンをすることに。
以前訪問したときに、株札という遊び道具を持っていきましたが、3人でやるのが面白いんじゃない? という発言をされてしまい楽しめませんでした。
3人いるということなので、早速株ドボンです。

セキレイさんが慣れるまでは盛り上がりに欠けてばかりでしたが、30分もするとだいぶ慣れてきたみたいです。
全部!! 全部!! のテンションの上がり具合はやはり異常でした。
結局私が負けてしまいました。こんなゲーム、運次第じゃないと感じることも多々あります。けれども、以前開いた第1回株ドボン全国大会(笑)で、TS君が異常すぎる実力を発揮して、対戦相手をフルボッコにしていました。うーん奥が深いゲームですな。

ミリオンダイスもしました。まぁこちらはそこそこ楽しかったという感じ。



ここでシャドウゲイトが発動!! TS君が覚めた目で見守る中、セキレイさんがコントローラを握り、私が助言(?)をしてなんとか攻略します。
とても難しいクソゲーで、楽しい部分が死に様しかないと聞かされていましたけれども、案外楽しかったです。
ヒントをくれる場面もあり、そこまでクソゲーでもない様子です。イメージが変わりました。
こんなゲームに頑張っちゃって、クリアしたときには朝の8時になってました(汗 ファミコンのゲームは今でも楽しいものです。


昼に起きてTS宅を追い出されてしまいました。




ここから 新宿→中野→新宿に戻る→町田→新宿に戻る→品川 と、なかなか激しい2日間でした。

2日目はそのうちまとめるかも・・・適当に期待しておいてください!!



それではまた~☆
関連記事
Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.