数独作家アンケート
先日このような封書が届きまして、





DSC_0051.jpg


このちょっとした厚みは、もしや激辛数独の依頼…!!
それにしてもちょっと時期が早いなぁ。


なーんて思ってたら、数独作家さんたちへ向けたアンケート用紙でした。




こんにちは。このタイミングでこのアンケート内容…!! ものすごくびっくりしているぶろです。





普段ならブログの記事にすることもなく、ささっと書いて投函してしまうところ。

とはいえわざわざとりあげたのには理由があります。





最近我々の周囲で、なぜか「数独を作ろう!!」なふんいきになっていまして、私も熱が上がってきています。

そうなると、数独作家のなぞのこだわりについてもどんどんあふれでてくるわけですよ。



それが、普段解いてるだけ(ほんと解いてるの? という程度)の人たちにも伝わっちゃいました。

「自分は表出数字24を基準に作ってる!!」とか、「表出数字21以下で問題を作れる人はすごい!!」とか、「この配置で、かつ難しい問題を作れるなんて、もうこの人は人間じゃない…」とか。


普段から難しい数独を解いてる人ならまだしも、簡単な問題でしくはっくしてる人たちにもこのような考えを植えつけちゃったわけです。

しまいには、「難しい数独を解く方法は知らないけど、難しい問題を作る!!」と、わけのわからないことまではじめちゃう始末。
解くのは苦手な難問作家さんは多数いらっしゃるみたいですけど、方法を知らないで作っている作者さんはまずいないでしょう。



つまり、数独の表出数字の個数へのこだわりや、表出数字と難問との関係、きれいな配置などなど、今私の周りでものすごくホットな話題であったのです。







もうタイミングがよすぎます。こんな時期にその内容に絞ったアンケートなんて。

ニコリさん、私たちが話している内容をこっそりきいていたんじゃないかと思います。ええおそらくそうでしょう。




ニコリに携わる作家さんはみな親切で、こんな封筒を送ったら無視する人なんていないでしょう。ご丁寧に80円切手を添えた封書まで用意していただきありがとうございます。




さて、私もささっと書いて投函しちゃいましょう。
関連記事
スポンサーサイト
今年も咲いた! ハエトリソウの花
DSC_0029.jpg

手入れが面倒で水やり以外放置していたハエトリさん。
花茎をにょきにょき伸ばして、気がついたら花を咲かせちゃいました。




こんにちは。例年受粉のさせ方がわからないぶろです。




柱頭がぱかっと開いてから、綿棒でぐりぐりっとやればいいらしい。うーむその通りやってるはずなんだけど(・・

去年はやくをもいで指でつぶし、花粉をめしべに乗せたんですけど、うまくいきませんでした。いったいどういうことなんですか。




何度も書いているように、花を咲かせると株本体は相当弱ります。枯れてしまうこともあります(´・ω・`)

むだに花茎を伸ばす前に切除してしまうのがいいのですが、結構伸びてしまったので咲かせたほうがいいかなぁと。
だって伸びきってから切ると、それまでに使った養分がむだになっちゃうじゃないですか。




今年は4本茎を伸ばしています。種ができればいいんだけど。













とはいえ、土が乾燥していることに気づかず、へにゃへにゃになってしまいました><
とりあえずかれてはいませんが、どうなのでしょう。あまりに放置していたので、雑草に埋もれてしまってるんですよね…


それなりに虫をとらえているので、まだまだ元気そうです。よかった~´ω`





ハエトリソウのパクッという作業にはものすごいエネルギーが必要で、弱ると全然動かなくなってしまいます。まだ虫を捕らえるだけのパワーが残っているようなので、ひと安心です。
関連記事
鉛筆好きは持つべき? ステッドラーのペンシルホルダー
鉛筆関連の記事、原案はたくさんあるのですが、うまくまとまりません。
書き味に関しては、1回2回の適当な意見にしちゃうとよくないので。たとえ私がよくても、その記事を見て信用してしまう方々に悪いですから。



こんにちは。鉛筆は最後まで使おう!! を励行しているぶろです。



鉛筆の芯はぎっしり詰まってますから、使えるまで使いましょう!!





といっても、鉛筆を使ったことのある皆さんならこういう覚えがあるはず。





鉛筆ってある程度短くなると、もう使えなくなってしまう…まだまだ芯が残っているのに。






短くなった鉛筆を上手に使う、いわゆる補助軸というものが売られていますが、いまいちしまりが悪く、書いてると鉛筆が揺れてしまって使いにくいですよね。




そんな鉛筆好き最大の悩みを解決するのがこれ!! ステッドラーのペンシルホルダーです。






DSC_0036.jpg


DSC_0039.jpg

シャーペンのグリップ部分である持つ部分。このホルダーは網目模様になっています。
購入してすぐのときは、正直これは痛いんじゃないかと思ってました。硬い金属に溝がついて、さらに指へ食い込みそうじゃないですか。ところがその心配はいりません!! 全然痛くないですよ^^ むしろ普通に鉛筆を握っていると、余計な力が加わってしまうので痛いです。

あと、さりげなく硬度表示も変えられます。
2H~4Bの間で、お好みの硬度を設定してください! (※ 鉛筆そのものの硬度が変化するわけではありません)


DSC_0038.jpg

頭部には消しゴムがくっついています。金属部分を回転させると、徐々に消しゴムがあらわれる仕組み。使うか使わないかは自由です。




実際に字を書いてみましょう。




DSC_0033.jpg


問題なく字を書くことができます。そりゃあ当たり前です、ペンシルホルダーなんですから…














DSC_0035.jpg


なんと!!!! 普通に使えてた鉛筆は、こーんなにも短いのです!! ここまで鉛筆を使ったことがある人、いったいどれくらいいるでしょうか。

このように、ものすごく短い鉛筆でも使うことができます。
その理由は、むりなく、少しの力で、鉛筆をがっしりおさえることができるからです!!
ほかの補助軸では絶対まねできません。ほんの少ししかはさんでいないのに、抜群の安定性です。いやぁおそるべし…


DSC_0040.jpg

同じ種類の鉛筆とくらべたら、こんな感じ。





値段は定価1890円。たいていの人はちょっと高いかな? と思うはず。

とはいえ、カステル9000番のパーフェクトペンシル(3150円)はプラスチックなのでひびが入る可能性があります。
金属でできていて、使うには都合のよいUFOパーフェクトペンシル(6300円)は、削る機能があって実用的ではあるものの、短くなった鉛筆を使うときは若干不安定で書きにくいです。

これらと比較したら、だんぜんお得です!!
私もちょっと高いかなぁ、と買うのをためらっていたのですけど、買ってからというもの、どうしてはやいうちから買わなかったのかと自分を責めるまでに至ります(笑


鉛筆を使う機会が多い方、ぜひ一度使ってみてください。
鉛筆の書き味が変化するので、それも楽しみになります。


鉛筆は、短くなっていったりほかの道具をつかってみたり、楽しみがたくさんあるのです。
関連記事
平成23年度第1回漢字検定を受けてきました
今回は結構しっかり勉強して受けてきました。



こんにちは。水道橋で受検してきたぶろです。



あれ、ちょっと遠くへ飛ばされたような… でもものすごく都合がよかったです。

でも、奥野カルタ店へ行けなくて本当に残念。定休日だったのです。




問題の内容は、変な問題がたくさんまざっており、例年より難しい印象です。基本的な問題を正確に解答できれば、合格はできそうですが…うーむ。



内容や傾向については後ほど詳しくまとめます。

いつもこんなことで更新しないけど、さすがに漢字の内容だから更新するはず。とりあえず、今日の夜に時間があればまとめるつもり。







というわけで今回はここまで。それでは~^^
関連記事
川上とも子さんが亡くなってショック><
どうも、本日川上とも子さんが亡くなられたと公式発表されました。非常に残念です。


以前から入院をしているとはきいていましたが、その後復帰していろいろと活動をしていました。


すっかり元気になったんだろうと思ってた矢先の訃報で、ほんとびっくりです。




川上さんといえば、少女革命ウテナのウテナの声をあてていたことで有名ですけど、ちっちゃな雪使いシュガーのシュガーの声もあてていました。
このブログの左側にはってある、妖精さんのバナーのキャラクターです。

自分の人生がちょっと変わった作品の主役であったために、思い入れはあります。



ふむ~残念でしょうがないです(´・ω・`)
関連記事
激辛数独9
今年から激辛数独が半年に1回の刊行になりました。いやはやおめでたい。


こんにちは。激辛数独9に問題を載せてくれるのかどうか不安だったぶろです。



早速届きました。とりあえず表紙の画像だけ。


DSC_0023.jpg

なんちゃってパズル作家な私ですが、定期的に載せてくれる本があって本当に感謝しています。
このことが、新たな問題を作る意欲になるんですね。





裏表紙:






「なにもかも忘れて、飛び込んでおいで。」






うむ、たしかに時間を気にしてたら、後半の問題には手が出せませんからね。







正直現在市販されている数独(ナンプレ)の問題って、あまってあまってしょうがないと感じます。
かいつまむと、ありすぎるということです。


まず適当な問題とはいえ、自動作成できるフリーソフトがあります。

お金を出してでもいい問題がほしい! という数独(ナンプレ)ファンも多いはず。ナンプレ目当てで書店へ足を運ぶと、どれを買ったらいいのか迷ってしまうほどナンプレ専門の本が並んでいます。

私がパズルに手を出した15年ほど前は、いろんな種類のパズル雑誌があったとはいえ、種類は少なかったような気がします。

パズルが普及するのは、我々パズル作家からみるととてもすばらしいことです。一方問題数があふれかえっていて、ほとんど解かれない問題もあるのでは? と思ってしまうのも事実。


もし数独(ナンプレ)の雑誌が淘汰されるような時代になっても、ニコリの「数独通信」と「激辛数独」は高品質を維持していくでしょう。
今回の激辛数独9、表出配置しか見ていませんが、どれも驚かされるものばかり。
こんな配置でなおかつ難しい、まったくすばらしい本じゃあないですか!!



私としても、次回の激辛数独用の問題は、ちょっと表出数字を意識してみようかなぁと思います。
とはいえ、問題の難しさは二の次…とできないのが激辛数独の難しいところ。難しくなければ激辛数独じゃないですよね。




根拠はないですけど、いい問題は寒い時期によく完成します。
今月6月は必死になってがんばってみようと意気込んではいます。少なくても2問はいい問題を作るぞっ(`・ω・´)b
関連記事
なんとなくおもしろかった 超・怖い話ガム
KC380215_20110602080210.jpg

まさか「超・怖い話」のあとに「ガム」がくっついてくるとは、想像できませんでした。
このミスマッチ感がたまらないです。買った理由はそれだけ。


とりあえず中を開けて確認。惑わすような開かせ方で困ります。
怖い話が付属されているけど、へたに破ったら読めなくなっちゃうよ!! という感じ。

でも実際は紙がついているので、適当に破ったところで問題はなさそうです。



怖い話の内容はというと、とりあえず子ども向きでしょう。
というのも、漢字にはルビがふってありますから。

1つしか購入していなくて、なおかつ私見なのであてにはなりませんけど、びっくりさせるような怖さです。
ええっと、話の内容は…ちょっと私一人では理解できませんでした(汗
つくづく日本語の能力がないなぁと思います。疑問点ばかり浮かんでしまいました><



人を驚かすにはもってこいかも? ネタとして一度買ってみるのはありかも。
関連記事
Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.