日本語検定2級申し込みました!


 日本語検定2級、ついに申し込みました! 受けようと思い立ってから6年以上たっちゃいました。はやめに受けておけばよかったかな。


 こんにちは。敬語が使えないぶろです。




 日本語検定にはいくつかの項目があって、そのひとつに「敬語」があります。

 この敬語が一番の難関ではないかと…


 以前思い立ったときに勉強しておいた知識がわずかに身についていましたけど、それだけではこの項目で6割取れるほどの知識はありません。

 地道に解いてから解説を読んで、納得したふりをして、また解いて間違えて、納得したふりをして、のくり返し。



 解いてみると、勉強すればだれでも6割以上取れる内容のはずですが、あまりなじみがないために感覚がつかめない! 3日怠るともう忘れちゃってますし。個人的に敬語が関門のようです。


 とりあえず穴だらけですが公式問題集を1周。そして敬語に特化した公式問題集に着手し、それ一本にしぼって勉強しています。その問題集の内容はあまり濃くないので、さっさと終わらせてしまいたいです。








 日本語検定の受検日は6月18日。あと1ヶ月ほどあります。
 漢検の受検日はその翌日の6月19日。漢検の勉強も並行させなければいけないのですね。遊びすぎないようにしないと。




 日本語検定は、漢検と違い2級からはじめることにします。数年前までは、1級受検資格が2級に合格ということでしたが、その制度が撤廃されいきなり1級を受けられるようになりました。

 ただ、ちょっと解いただけでは1級と2級の差がわからないんですよね。

 漢検準1級と1級も、少し問題を眺めただけではそれらの差異がわからないのです。今までの実体験で、差がわからないということはどちらの実力もないということなので、いきなり1級受検はやめておきます。

 ほんと、漢検準1級から受け始めてよかったです。いきなり漢検1級を受けていたら今ごろどうなっていたことやら。



 それに、日本語検定1級に合格する実力がつくまで気力がもつかわからないです。もし2級に合格して、気力が燃え尽きなくなってしまったのならそれで十分かなという気持ちです。時間を割けばそのうち合格できそうな内容ではありますが。







 とにかく漢字の勉強に時間を使っていきたいです。最近将棋にばかり時間を使っているので、ちょっと控えないとね…
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.