スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へきさもんど
一週間ほど前に購入したヘキサモンドを今日開封します。

こんにちは。ヘキサモンドに挑戦するぶろです。


この種類で持っていないパズルはあと1つ。

えっと・・・モノ、ジ、トリ、テトラだから・・・

テトラミノかな?(調べたら「テトロミノ」でした^^;)


まぁアレです。

モンド→三角形
ミノ→四角形

名前の前半がつなぎ合わせた数、後半がつなぎ合わせている形、つまり「ヘキサモンド」は「ヘキサ(6つ)」の「モンド(三角形)」をつなぎ合わせて作られた形で遊ぶものなのです。

理屈はともかく、物はこちら。


P1000795_R.jpg


6つの三角形で作られる形すべてがこの12ピース。これをすべて使ってケースの中に戻すという、単純明快なパズルなのです。
これがなかなか難しい。はじめて挑戦した「ペントミノ8^2(5つの四角形で作られる形+4つの四角形で作られた正方形、13のピースで8×8の正方形に入れる、というパズル)」というものはケースへ戻すのに2時間かかりました。

さて、今回はどうでしょう。ペントミノ8^2とヘプタモンド(解説略)で慣れたぶろちゃんは何分かかるのでしょうか゚ω゚


P1000796_R.jpg


わかりにくいですが、あの時計で2時7分スタートです。
四角形の組み合わせは頭の中でも組み立てやすいのですが、三角形の組み合わせとなるとうまくいきません。


(がんばっていれてます)


おぉできました!!


P1000798_R.jpg


時間は・・・5分!!
大健闘です。
意外と簡単に埋まっちゃった・・・。「入れ方は4968通りありますが、そのうちひとつをみつけるのも難問です。(本文引用)」もはやなんとも思いません。なぜなら、これより1段階難しい(最難です)ヘプタモンドは「入れ方は10万通り以上あると推定されていますが、正確な数はわかっていません。そのうちひとつをみつけるのも至難の業。(本文引用)」ですって!!
だってこのヘプタモンド、崩したら3時間はケースに戻らないのですから(汗
そんな鬼パズルと比べたらヘキサモンドはやさしいですね。


P1000799_R.jpg
↑左がヘプタモンド、右がヘキサモンド


存在感が違う・・・!!



これらの「㈱テンヨーのプラパズル」は、安価でココまで遊ばせてくれます。こんなパズルは滅多にありませんよ^^
上のリンクにはさらに問題集が掲載されており、一味違った楽しみ方もできます。
初めての方はペントミノ8^2がオススメ。簡単そうに見えます、ですけどなかなかケースに戻せません。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。