トリオザパンチについてアツク語る その2
ホントに面白いです。常に笑いっぱなし(笑

こんにちは。とりあえず全キャラで全クリしたぶろです。
途中でキャラクター変更できるんですが、その辺はお気になさらず。


そういえばこのゲームがどんなものだか紹介していませんでした。
簡単に説明すれば「マリオみたいな感じ」。
分かる人は「FCのゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境」にかなり近い感じです。
とりあえず右に進んで出てきた敵を攻撃、たまにハートが出てきます。各ステージで定められたハートを取るとボスが出現。そのボスを倒すと次のステージへ進める、というシンプルなゲームです。
それでもおかしなところが沢山…おいおい解説していきます。


3人いますが遠距離が使える忍者は便利ですね。
しかし後半は近距離系の剣士が強いです。意外とバランス取れてますね。

今回はキャラクターの説明。
写真はそのうち追加するかもしれません。
プレイ中の写真については結構激しいアクションなのでどうなるかはまだわかりません。


まずはタフガイのサントスから。

灰色のキャップに緑色のタンクトップ。そしてムキムキ。
そうそう、このゲームはえぐい男しかいないんです。そこがまたツボですよ。攻撃はもちろん素手。強化すると「すなぶくろ」「てつのつめ」を装備します。
攻撃も好きですし、なによりそれぞれに定められている音楽があるんですけど、このキャラだけずば抜けていいです。ただ私がそう思ってるだけ。

★タフガイ「腕に覚えの怪力無双(ハードハンチャー)。気合もろとも…?!」

一人一人意味不明な解説があります。これだけ見ても何も分かりません。
「ここいちばん」という1ステージで1回のみ使える大技みたいのがあるんです。それが



前記事のパッケージにあるアレです。いきなり顔が大きくなり「うぁ」という声とともに喝の文字が。そうすると敵が散っていくわけです。強化すると小さな喝の文字が4つうろうろして敵に当たるとダメージを与えられます。なかなかいいですね。


次に忍者のかまくらくん。

簡単なかぶと(マスクみたい?)を装着しています。
ジャンプ中で遠距離攻撃可能な手裏剣を飛ばせるのがかなりの利点。動きも他キャラの倍ほどあります。初心者はまずこのキャラを使うのがいいと思います。

★忍者「手裏剣の名人。忍法もいろいろと…?!」

「ここいちばん」の技も通常技と同様に強化することができるのですがその技の数が豊富。しかし段階を踏むごとに強くなっていくわけではありません。そういうゲームです。
忍者なので動きが速いです。なのでかなり前傾姿勢で走っています。斜め45度くらいで走ります。神業。


最後に剣士のローズサブ。

剣士なのに上半身裸、ボクサーみたいな格好してるんですが(゚ρ゚;)

★剣士「剣法の達人。相当の地震家でもある…?!」

地震家、の文字に点が打ってあります。
なにをぬかすか!!と思ったそこのアナタ!!!


私も認めます。相当の地震家です。


例の大技「ここいちばん」の初期設定は「じしん」。もうこれで地震家なことがお分かりいただけましたでしょうか。
さらにすごいことが2つ。

◎空中で地震を起こすことができます。

◎空中にいる敵にもダメージを与えられます。


並大抵の地震ではありませんよ!!ジャンプしている敵も散っていくなんてなんという地震ですか!!!
このキャラは地震だけではありませんよ。

剣士なのに、初期装備は「たいまつ」。
たいまつからSソード→Lソード→Mスター→Sたいまつ(笑)と強化されていきます。結局行き着くところはたいまつ…剣よりモーニングスターの方がつよいんですね。たいまつにはかないませんけど。


さらにもう1人、サブキャラのチンさん。

ステージクリアすると 「★クリアーたからくじ★」というスロットがあり、そこで武器やここいちばんを強化することができます。「1Pのひと、ボタンをおすのぢゃ」時計回りに配置された数字が順序よく点滅しています。光った数字に与えられたボーナスがあります。
目押し可能ですが、

失敗すると武器の威力が落ちます。

チンさんに「はずれぢゃ」といわれたら、通常武器、ここいちばんの両方のランクを1つ下げられます。なんていうゲームですか(笑
実はこのチンさん、思わぬところで出くわすんですが…続きはまた後ほど。飽きていなければ次の記事もこのネタで。


写真撮影難しい('A`)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.