目黒寄生虫館
今日は風が強く、とても寒く感じられる日でした。


こんにちは。世界で唯一、寄生虫の博物館へ足を運んだぶろです。



目黒寄生虫館の公式サイトはこちら

入場料無料、面白半分ということで行ったわけですが、正直行こうかどうか迷いました。だって寒いんだもん(´・ω・`)




そうこうしている間に到着。
少々時間はかかりましたが、比較的近いところでよかったです。


080213_1349~01

普通の建物です。外観から寄生虫うにょうにょ、みたいなのはありませんよ。


事前情報によりますと、寄生虫は宿主と共存している形なのでその宿主の生命にかかわることはしません、気持ち悪い生き物だと決め付けないで、まずはフシギな生き物だと考えてみてください、ということです。











まずは感想から。一言で表現すると「面白い」です。実姉と訪れたのですが、姉が急かさなければもっと長い時間見てたかも。少なくとも生きてるうちに最低でもあと1回はまた足を運びそうです。
入館直後は先客はだれもいませんでした。けれども、あとからわんさか入ってくるではありませんか。予想以上の客でびっくり。


080213_1327~01

↑8.8mのサナダムシ

人間から出てきたようです。サナダムシの頭部はかなり細く、徐々に太さを増してきしめんみたいに・・・。
左には8.8mのひも。これで長さを体験できるわけです。



080213_1334~01

↑アニサキス、寄生虫

この寄生虫は人間の体内に入っても寄生はしません。しかし生イカなどの魚介類にまじって幼虫が体内に入り込むと腹痛を起こすみたいです。生イカを食べて腹が痛くなったらこいつのしわざ・・・かも。



このほかたくさんの展示物があります。その中でもフタゴムシは必見。目黒寄生虫館のシンボルマークとなっています。1匹の蝶のような姿をしていますが、実は2匹がくっついた状態になっているようです。そうしないと成長できないというフシギな寄生虫。鯉のエラに寄生するんだったっけかな。

オリジナルグッズも多数。お土産を買わなかったら1000円くらい寄付する気持ちできたので買う気まんまんです。
沢山あるうち、購入したのは


「アニサキス幼虫キーホルダー」
「寄生虫3連キーホルダー」
「目黒寄生虫館ガイドブック」


の3つ。Tシャツも並んでいました。グッズ関連のTシャツってむだに高くて、誰が買うの?と疑問に思ってしまいましたが、ここのTシャツはほしくなっちゃいました(笑
たとえばサナダムシTシャツ、見た目はただサナダムシが描かれているだけなのですが、その触り心地が抜群。サナダムシの部分がもこもこしちゃってます。


080213_2313~01

↑アニサキス幼虫キーホルダー

蝶のようなマークのすぐ上に白い筋が確認できますか?
これがアニサキスの幼虫らしいのです。
ちなみに蝶のようなマークはフタゴムシのシンボルマーク。
実物はとても小さいですが本当にこの形です。ぜひ1度自身の目で確認してみてはいかがでしょう。



080213_2314~01

↑寄生虫3連キーホルダー

左:毎度おなじみフタゴムシ
真ん中:なんだっけ(ぁ
右:有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)の頭部・・・のはず。






目黒駅西口から目黒通りを等々力方面に向かって歩くこと15分。
1度行く価値あり。

気持ち悪い、グロいという気持ちはきっとなくなるでしょう。
もとから極度の虫嫌いな人は・・・やめておいたほうがいいでしょう^^;
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.