とりあえずエンディング
12RIVENをひととおりクリア。まぁなんというか・・・緊張感はRemember11の方が上ですが、なじみやすさはこちらの方が上です。


こんにちは。夢か現かわからない状況でのアドベンチャーゲーム挑戦中のぶろです。




どのようなゲームに仕上がっているか気になる人も多そうですし、以下適当に感想などなど。










あくまで私自身の意見です。あまり気にしないでください。


まずはよかったところ


◎選択肢の増加
remember11以前は3択までしかありませんでしたが、今回は8択まで確認。まぁ即死につながることは今のところないですが。

◎快適な操作性、グラフィックの完成度の高さ
ほかのアドベンチャーゲームを体験した方ならわかります。この会社の操作性やグラフィックはかなり良好です。人物の口が動くところもありますし、細かな演出もあり。L2を○ボタン、L1を×ボタンとして代用できなくなったところはちょっと悲しいです。

◎洗練された物語
この種の特徴です。近未来を題材にし、ゲーム序盤では不可解な場面が多々あるものの、エンディングに向けて収束していくという面白さ。もちろんここは裏切りません!!




ちょっと残念(?)なところ


◎エンディングの数
一度クリアするとエンディングの総数が見られます。Remember11が多すぎる(全33)かもしれませんが、今回はちょっと少なめ。

◎既読メッセージ達成率の表示がない
どの場面でどれくらいメッセージを読んだかがわかる昨日がありましたが、今回はなし。
場面が変わるたびに確認していた私にとっては楽しみが1つ減ってしまいました。
選択肢が多い場面など、あとで達成率を埋めるときにわくわくしてたところなんだけどなぁ。

◎1つの選択肢が命とり!!な場所が少ない
いつもどおり2人の主人公がいるうち、1人しかプレイしていませんが、未だに選択肢を1つ間違えると即バッドエンドにつがなる、というものを体験していません。どこかに潜んでいることはほぼ確実かと思われますが、緊張感を味わうゲームなのでちょっと少ないかも。エンディングの数が少ないし(略

◎プロローグに緊張感なし?
開始10分ほどは失敗作の雰囲気がしてかなり不安でした。
ゲーム序盤でつまらないと思って売ってしまう人がいそうです。




なんだかんだいいつつも、全エンディングを解禁させるまで楽しめそうです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.