スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢字の本、もろもろ
20080414020904
4月はじめには漢検の過去問(写真左)を購入。
今まで受けてきた問題があるというのはなんかフシギ…
この年の準一級の問題はかなり難しかったらしいではありませんか。
かなり忘れているので、復習してから挑戦してみます。

本日購入したのはみぎの2つ。
まずは真ん中、いつもお世話になっている成美堂の本試験型問題集。

他の過去問とは違い、毎年その出題形式に則った問題構成ですばらしいです。
問題数も増えて値段もアップ。あまりにも高品質なため、以前の値段でさ申し訳ないくらいでしたので、少しくらいのアップは気になりません。
2006年度版は持ってますが、形式が微妙に違っていたり問題数が多かったりが買った理由です。

一番気になるのはこれ。写真右側、漢字検定大会過去問集。
漢字検定大会とは、今や漢検一級合格が出場の最低条件とされる大会です。
問題はあまり難しくないらしいですけれども、60分で300問とかなりハード。
読み、書き以外にもその場でしか対処できない応用問題なんかもあるみたい。
なんて噂話しか知りませんでした。まさか過去問が発売されてるなんて(゜ρ゜;)
中を見てみると…本当に300問あります。先へ進むにつれて問題が難しくなっています。短歌の穴埋めなど、知識として知らなければわからない問題もあります。

今回は過去問集1ですが、暇をみつけて過去問集2ももちろん買う予定。

漢字の本ってついつい買っちゃう(´艸`)ミョミョ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。