2008/5/22 ハエトリソウ
我が家のハエトリソウに、新しく赤い竜(Dionaea muscipula 'Akai Ryu')と、花卉園芸店で普通に売っている普通の株がやってきました。赤い竜は先日の即売会で購入したもの。
今回は今まで記録を取っていたあのハエトリソウだけです。


PAP_0014.jpg

成長は遅いかな? と思っていましたが、そこまで遅くはないようです。
前回の記録とともに比較すると、中心部に小さくあった小さな葉が、約2週間(16日)経ってかなり大きくなっています。
このことから、葉がなんとなく見えてから展開するまで3週間~1か月くらいかかりそうです。

KC380041.jpg

全体写真の上部にある株の拡大写真です。
画像からはみ出している株の中心部を見てください。
先が丸くなっているものが確認できますか?
これはハエトリソウの花の芽です。こんな植物でも花を咲かせるんです。
咲かせると弱って枯れてしまうかもしれませんので、撮影の後切除しました。
花を咲かせるのは来年のお楽しみにしましょう。


ハエトリソウの栽培って結構難しいんです。
それでも何年も続けてきているので、我ながらかなり上達していると感じます。
これといって何をしているということではないんですけど、やはり違うのですね。

今までの経験からわかったこと


◎絶対に水を切らさない
土が乾いたらすぐに枯れます。鉢の底を水で浸すのがいいでしょう。しかし浸しすぎもいけません。
私は、葉にかからないよう水をやり、鉢の底の受け皿(これは必要不可欠だと思ってください!!)が1~2cmほど浸るまでたっぷり与えます。これを毎日繰り返すだけ。
素焼き鉢を使っています。夏の乾きようは尋常じゃありまえん。1日2回必要な時もあります。

◎日光に十分当てる
日に当てないとすぐに葉が枯れてしまいます。
葉を楽しみに育てているのに、葉の展開よりも枯れるほうが早いとなると、すぐに葉がなくなり枯れてしまいます。
どこにおいても育つという植物ではありません、あしからず。

◎葉をいじらない
枯れてしまうと考えると、怖くて触れません。




こういう言い方はちょっとひどいですが、この植物は枯らして自分でコツをつかんでいく植物だと思います。
枯れてしまうのは残念です。なので次回は枯らさないように頑張ろう、という気持ちが大切なのでは。

とはいえ、ちょっと慣れれば枯れないようになります。それでも毎年株の大きさが小さくなっていく可能性が高いんですけど^^;


近くの園芸店で売っていました!! 買うなら今しかありません。
この時期を逃したら、次は来年になってしまいます(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.