2008/7/11
今回はハエトリソウ、セファロタスと分けずに近況報告です。

こんにちは。今年はあまり蚊に襲われないぶろです。
多分家の周囲に蚊が成育できない環境になったからでしょう。どう変化したかはわかりませんけど。


KC380044_20080712031641.jpg
あまりにも外が明るすぎて、自分の影を確認することができませんでした。暗くて申し訳ありません。
とりあえず今のところ元気。うだるようなこの暑さで、受け皿がないと1日でミズゴケが乾いてしまいます。受け皿があっても油断はできません。
素焼き鉢に植えると、夏の異常とも思える乾き具合に注意する必要があります。


KC380045_20080712031650.jpg
こちらはアカイリュウさん。受け皿に十分ひたしておいても乾きません。プラスチック鉢は素焼き鉢に較べて乾きにくく、夏の管理がしやすいです。今は受け皿なし。毎日土の上から灌水しています。
こちらも元気。もとから株が大きいのもありますが、素焼き鉢の株の親株ほど縮んでいません。


KC380046_20080712031658.jpg
5月に購入した新しい株です。
今は花を咲かせて、株は見るに堪えない状態です。
茎は合計4本出しましたが、2本出した株が弱り、その2本とも花を咲かせる前に枯れてしまいました。株も枯れただろうと感じていましたが、どうやら生きている模様。


KC380042_20080712031624.jpg
隠居生活(?)の親株。この時期は、密閉しないで開けっ放しですが元気です。乾燥に慣れていれば、この時期密閉しないほうがいいでしょう。この方法だと大きな袋をつけられるかどうかはわかりません。
今は筒の側面をアルミホイルで巻いています。


KC380043_20080712031633.jpg
こちら、大きな根の子株軍団。特に変わった様子はなさそうです。
ところが、本日確認してみたところ、一番右側の株が枯れていました。密閉で放置しすぎたのが原因でしょう。根も枯れてしまったのでしょうか。
今はあまり日に当たらないところで、ふたを開けた状態にしてあります。


KC380047.jpg
ドロセラ、インターメディア。日陰で育ちました。株は小さめで葉は緑です。
これは日に当てて育てる種類なので、もう少し日の当たる場所へ移動させようかどうか検討中。場所があればすぐにでも移動させたいのです。
腰水はしていないので、少し湿っている状態を保っています。やはりびちょびちょより、少し湿っているくらいの環境のほうがいいようです。


KC380048.jpg
ケータイの写真なのでわかりにくいですね。
左下にサラセニア、フラバの子株。
右下にドロセラ、アングリカ。「ナガバノモウセンゴケ」と呼ばれます。
上部にドロセラ、ロツンディフォーリア。「モウセンゴケ」という種類。
あちらこちらにピンギキュラ、エセリアナや生ミズゴケの生き残りがいます。
夏はとても暑がって、枯れる心配もあるモウセンゴケが並んでいます。そんなモウセンゴケたちはよく日に当たる場所においてありました。
氷を使えば夏は乗り切れるでしょう、とアドバイスされるくらいのものなので、今はインターメディアと場所を交代させています。あまり日に当たらないけれども、温度は上がりません。



セファロタスは夏が肝腎。
この時期こそ多く記録を残したいところです。できれば一週間に一回程度!!


そのペースでは続かないでしょうね^^;
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.