スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年で一番忙しい時期かな
なんて考えていましたけど、なんだか普段と大して変わりませんでした。
なんとかなるんです。


こんにちは。ついついブログの存在を忘れてしまうぶろです。


とりあえず今回は、最近読んだ本についてまとめてみましょうか。

とはいえ、もう1ヶ月は前のことなのですけどね。



◎アルケミスト 夢を旅した少年

知人にすすめられたので読んでみました。
少年が羊を連れて壮大な旅に出るというお話。
大切な羊を手放しながら少年は旅をして、いろいろな経験を身につけていきます。
この薄い小説に、人生とは何かが詰まっていると解釈できました。

とはいえ、私の理解力がなかったり、読んでいても頭に入っていなかったりが原因なんでしょうけど、ところどころ中途半端なところがあったかなと感じました。
ん、あ、あれ? 羊はどこ行っちゃったの? とか、ラストはちょっとしっくりこない(まぁふさわしいラストでないことはないでしょう)とか。
とはいえ、最後まですらすら読めて、楽しかったには違いありません。


◎坊っちゃん

タイトルは皆さんご存知、夏目漱石の坊っちゃんでございます。
文学小説にはいささかの興味があり、ちょうどいい機会でしたので読んでみました。
この時期は漢検の試験2週間ほど前でして、難しい漢字に出会ってついでに勉強してしまおう!! という狙いもありました。
家に置いてあった、旧かな旧字体の文章で読むことに決定。わざわざ図書館へ行って借りてきたのに、無駄でした。

どんな内容かは知っていますか?
主人公が高校を卒業して、田舎の先生として働きます。
そこでの自由にさせてくれない同僚の先生方、暴れまわってる生徒を相手に奮闘するという、案外笑ってしまう内容がたくさん詰まっている話です。
夏目漱石だから堅苦しい話が続くのかな~なんて考えていましたが、思わずふき出してしまう場面も。やはり長年人気があるのには所以があるわけですね。
今から100年ほど前の話ですので、大人ってすごい!! と感じる部分があります。
とある会議で、反論する数学教師の発言がかっこよすぎます。

「私(わたくし)は教頭及びその他諸君のお説には全然不同意であります。というものはこの事件はどの点から見ても、五十名の寄宿生が新来の教師某氏(ぼうし)を軽侮(けいぶ)してこれを翻弄(ほんろう)しようとした所為(しょい)とより外(ほか)には認められんのであります。教頭はその源因を教師の人物いかんにお求めになるようでありますが失礼ながらそれは失言かと思います。某氏が宿直にあたられたのは着後早々の事で、まだ生徒に接せられてから二十日に満たぬ頃(ころ)であります。この短かい二十日間において生徒は君の学問人物を評価し得る余地がないのであります。軽侮されべき至当な理由があって、軽侮を受けたのなら生徒の行為に斟酌(しんしゃく)を加える理由もありましょうが、何らの源因もないのに新来の先生を愚弄(ぐろう)するような軽薄な生徒を寛仮(かんか)しては学校の威信(いしん)に関わる事と思います。教育の精神は単に学問を授けるばかりではない、高尚(こうしょう)な、正直な、武士的な元気を鼓吹(こすい)すると同時に、野卑(やひ)な、軽躁(けいそう)な、暴慢(ぼうまん)な悪風を掃蕩(そうとう)するにあると思います。もし反動が恐(おそろ)しいの、騒動が大きくなるのと姑息(こそく)な事を云った日にはこの弊風(へいふう)はいつ矯正(きょうせい)出来るか知れません。かかる弊風を杜絶(とぜつ)するためにこそ吾々はこの学校に職を奉じているので、これを見逃(みの)がすくらいなら始めから教師にならん方がいいと思います。私は以上の理由で寄宿生一同を厳罰(げんばつ)に処する上に、当該(とうがい)教師の面前において公けに謝罪の意を表せしむるのを至当の所置と心得ます」(青空文庫 より)
今の先生からは創造できない発言でびっくり。仮にも数学教師です。

生徒の前でわいわいできず振り回される感じ、よくわかります。


マリア様がみてる も既刊全作を読んでみよう!! というのりで、現在28巻(くらい)まで読み終わりました。読むのが遅いこんな私でも、1日1冊でがんばれます。








そうそう、Gildmaさんに呼ばれて、京都へ行こう計画が立ち上がっていたのですが、ず~っと決められずに8月を迎えてしまいました。
しかし!! ついに暫定で日程が決定!!!! やった!!

8月10日~14日の5日間行ってくる予定です。もう青春18きっぷは入手しました。




どうなるかはわかりませんが・・・う~ん京都行きたい!!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。