スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謀叛トランス(EX)s乱を分析 その2
前回、謀叛トランス(EX)s乱を分析の項目で、休憩以降にがんばればなんとかなっちゃう? という表現を残して終了しました。
気になったので早速やってみました。


何のことだかよくわからないという方は、謀叛トランス(EX)s乱を分析の回へどうぞ。





さて、今回は休憩までにゲージ0の状態で果たしてクリアは可能なのか。クリア可能なBAD数を判定し、休憩までゲージ0になってもうっかりクリアできてしまうほど回復するのかどうか。焦点はこれらです。



演奏開始から休憩地点手前まで全部無視、以降がんばって押してみるというスタイルで検証。冷静になって眺めてみると、序盤からとても難しく見えるのは気のせい・・・?

休憩までのポップ君総数は553でした。
後半で、がんばって押したのに落としてしまったポップ君の数は、総BAD数-553 です。





それでは、続きで結果と考察です。









◎1回目

KC380904.jpg



◎2回目

KC380905.jpg



◎3回目

KC380906.jpg



◎4回目

KC380907.jpg





◎まとめ

回数 : 総BAD数 (休憩以降のBAD数) cleared→○ failed→×


1回目 : BAD574 (BAD21) ×
2回目 : BAD570 (BAD17) ×
3回目 : BAD562 (BAD9) ○
4回目 : BAD567 (BAD14) ○



BADをどこでどう出すかによって違ってきてしまいますが、極端な状況は考えないことにします。ゲージ0になるとBAD15がクリアラインでおおよそ間違いはなさそうです。
1回目にどれだけゲージが残るか確認してみました。休憩以降BAD2で、発狂直前には赤ゲージ3本でした。発狂前までを全押ししても、フィーバーまでたどり着きません。



以上のことから、腕に相当の自信がある方は前半を捨ててもクリアは可能。とはいえ、前半で残せない人は後半のみがんばってもクリアはできそうにないです。
当たり譜面でクリアを狙うなら、序盤はそこそこがんばってゲージを半分以上残し、ラストの発狂はフィーバーで突入したいところ。
どんなに実力のある方でも、序盤を捨てるのはすすめられません。そもそも捨ててがんばるなんて考える人がいませんか・・・








◎ おまけ


4回目の後のS-EXステージで、最初からがんばってみた。

KC380908.jpg



BAD22 (BAD8→BAD14)

案外序盤を押さなくても、結果は変わらないかも・・・!?
うーん、謎です(汗
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。