新しい肥後守を買いました
鉛筆を削るためだけにいい刃物を選んでいます。今回ちょっといいものを買ってしまいました。


こんにちは。むだなところに贅沢をするぶろです。ああ・・・贅沢は敵です。



KC380912.jpg

今回購入したのは、写真中央の肥後守(ひごのかみ)です。多層鋼だということ。のちにくわしく紹介。
一応全長は同じとされる、普及版の箱と比較するとだいぶ違います。
一番左にあるものは桐の箱の上部です、念のため。


KC380913.jpg

折りたたみ式の刃物です。
刃の切る部分のみ青紙という上質な鋼を使っているらしいです。そして中央部には波打っているような模様があります。これが多層鋼というらしいのですが、正直見た目だけで性能がよくなるわけではなさそうですね。



KC380914.jpg

KC380915.jpg


上の写真が表(?)で、下の写真が裏です。
裏には竹と虎の絵、作者の銘が打ってあります。



KC380916.jpg

以前から使用していた肥後守と比較してみます。
刃先は5mmしか違わないらしいですが、重厚感が違いすぎます。
写真ではわかりにくい部分ばかりですが、随所に細かい違いが見られます。うーむ、普及品と比較するのが間違いだったか・・・^^;





入手してから、早速研ぎます。
いくら研いでも、以前から使用していたものより切れ味がよくならずにとても残念な気分になりました。
とはいっても、やはり何度も研いでいるうちにだいぶよくなりました。以前から使っていたものよりも切れ味がよくなりました。よく切れる刃物を用いて鉛筆を削ると、切れ味のよくないものは使えなくなってしまいますから困ります(汗



刃物が云々というと、どうしても危ないイメージがつきまとうみたいです。人を傷つける道具だ~とかなんとか。
といっても、普段から使っている私からすると、危険な道具だとは感じません。研いだところで、すぱっと切れるものではありませんし。

包丁もそうですけど、日ごろから手にしている人とそうでない人とでは、印象が大きく違うみたいですね。



鉛筆を削ったことのない人は、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.