スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激辛数独9
今年から激辛数独が半年に1回の刊行になりました。いやはやおめでたい。


こんにちは。激辛数独9に問題を載せてくれるのかどうか不安だったぶろです。



早速届きました。とりあえず表紙の画像だけ。


DSC_0023.jpg

なんちゃってパズル作家な私ですが、定期的に載せてくれる本があって本当に感謝しています。
このことが、新たな問題を作る意欲になるんですね。





裏表紙:






「なにもかも忘れて、飛び込んでおいで。」






うむ、たしかに時間を気にしてたら、後半の問題には手が出せませんからね。







正直現在市販されている数独(ナンプレ)の問題って、あまってあまってしょうがないと感じます。
かいつまむと、ありすぎるということです。


まず適当な問題とはいえ、自動作成できるフリーソフトがあります。

お金を出してでもいい問題がほしい! という数独(ナンプレ)ファンも多いはず。ナンプレ目当てで書店へ足を運ぶと、どれを買ったらいいのか迷ってしまうほどナンプレ専門の本が並んでいます。

私がパズルに手を出した15年ほど前は、いろんな種類のパズル雑誌があったとはいえ、種類は少なかったような気がします。

パズルが普及するのは、我々パズル作家からみるととてもすばらしいことです。一方問題数があふれかえっていて、ほとんど解かれない問題もあるのでは? と思ってしまうのも事実。


もし数独(ナンプレ)の雑誌が淘汰されるような時代になっても、ニコリの「数独通信」と「激辛数独」は高品質を維持していくでしょう。
今回の激辛数独9、表出配置しか見ていませんが、どれも驚かされるものばかり。
こんな配置でなおかつ難しい、まったくすばらしい本じゃあないですか!!



私としても、次回の激辛数独用の問題は、ちょっと表出数字を意識してみようかなぁと思います。
とはいえ、問題の難しさは二の次…とできないのが激辛数独の難しいところ。難しくなければ激辛数独じゃないですよね。




根拠はないですけど、いい問題は寒い時期によく完成します。
今月6月は必死になってがんばってみようと意気込んではいます。少なくても2問はいい問題を作るぞっ(`・ω・´)b
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。