スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステッドラーペンシルホルダー ナイトブルー
短くなった鉛筆を使うのに最適なステッドラーのペンシルホルダー、今だけ限定色のナイトブルーが発売されています!



こんにちは。限定ものはついつい買ってしまうぶろです。



期間限定に弱いわけじゃないんですよ。
だって、もし数年後に無性に欲しくなって、じたばたしても手に入らない事態に陥ったらどうすればいいんですかね。
これが限定に食いつく人間って言われてしまいますけれど、それでも認めたくはないですねぇ。


限定色のナイトブルー、この色はずるくないですか!?
見かけたら買っちゃうでしょう。



写真 1

↑下のものが普段使っているもの。
上のものは買ってから未開封。
ちなみに土台は毎年限定カバーの、ステッドラーの水性色鉛筆。





購入したのはいつだかわすれちゃいました。ただ買うときに迷いはなかったですね。
普段の銀色のものを限定色にして、こちらを普段発売するものに変更しちゃっていいのではと思っちゃいました。

深い青でかっこいい。銀色のものは使い込んでいくうちに黒ずんできますが、これは黒ずんでいるのかどうかわからないです。そういう点でも優れていますね。



写真 2

↑手に取らないとわからない、鈍く輝くこの感じ。写真だとこの程度(?)ですが、実物はすばらしい





写真 5

以前の記事と同じ事を、今回何度も言っておきます。
このペンシルホルダーがあれば、短くなるまで使えるのです!
今までちょっとお高いってだけで買わなかったことを後悔してしまうほどの高性能っぷり、こんな補助軸ほかにありませんよ。

赤鉛筆(三菱鉛筆のペリシア)は頭部1cmほど残して、その先まで削れますし、プラスチックの頭がくっついているMONO100に関しては、ほんと最後の最後まで使えます!
こんなことができるのも、このステッドラーのペンシルホルダーのおかげ。

※ 限定色じゃなくてもここまで削れます
※ 削るときに刃物を使っています



ペリシアは高いから(1本300円)というのも理由に挙げられますけど、ここまで短く使うってことが誇りですよ。
今まで生きてきて、ここまで鉛筆を短くした人ってそうそういないですよ。日本人口の1/5もいなそうです。

MONO100にいたっては、プラスチックの頭部のおかげで、すらすらーっと、ぶれることなく文字を書けます!





写真 1

↑普段使っている、長い鉛筆と同じ感覚で使えます! びっくり! (ものすごく使いにくかっただなんて言えない)





普通の、100円くらいで売っている補助軸を使っていたことのある方ならわかってくれると思います。
あのタイプ、軸の部分を持って字を書くと、鉛筆がしっかり固定されていないためぐらぐらと動き、ものすごく書きにくいですよね。あれが嫌いで、この補助軸も購入をためらっていた口です。



でもそんなこと、この補助軸では気にしなくていいんです!
ここまで短くても、先端がぶれないですよ! 普通に字を書けます。さっきのものすごく短いMONO100は例外ですけd 頭部1cmほどの赤鉛筆は普通に使えていましたから。



しかもこの重厚感がくせになるのですよ。重さで書き味が変化します。鉛筆はちょっと重いほうが、いい味出します。いい音もいい筆跡も出します。
鉛筆たちは、なんとなくそれを使っていただけの方には見せない表情を、このペンシルホルダーを介してみなさんに見せてくれるのです!!









どんな製品にも悪いところはあります。
価格以外の欠点も紹介しておきましょう。


一番の欠点は、鉛筆に傷がついてしまうことでしょうか。
ぴったりがっちり固定するので、その傷跡が鉛筆本体に残ってしまいます。ただ表面のほんの少しですし、使っていればすぐ削ってしまいますよ。

持ち運ぶ際には、一度はずして削っている部分を内側にし、また締め直さなければいけません。
そんなことしなくても持ち運びは可能ですが、とがった芯がささったり折れたりなので、鉛筆の頭部だけ飛びでている状態にしましょう。たいしてめんどうな作業ではないですけど、私が行うと7秒くらいかかります。それだけ。

あと、締めすぎ注意です! これが最重要かな。
鉛筆をぴったりがっちり固定させてはずそうとすると、鉛筆を固定している部分が回転するのではなく、その上部が回転してしまって大変でした。固定している部分がはずれずに、本来はずれちゃいけない部分がはずれそうになるのです。
鉛筆を取り外すことができないので、もう使い物にならないかとあせりました。
万力じゃないので、頭に血がのぼるほど力強く締める必要はないです。









想像以上に有効活用できますし、この色だけでも買う価値はあるかなぁと。
いつか使うかもしれませんので、売っているうちに手もとへ置いておいたほうがよさそう。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


鉛筆がすぐ短くなってしまい悩んでいたので、この記事を参考に
限定色の方を購入しました(*゚∀゚)
漢字小僧 | URL | 2013/03/26/Tue 13:59 [EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/06/17/Mon 09:48 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。