発売して1ヶ月以上経ちました(激辛数独13)
今年の6月も発売、激辛数独13です。


こんにちは。激辛数独12からの表紙のデザイン変更にまだ慣れていないぶろです。



個人的には以前(激辛数独1~10)の表紙のほうが好きでした。
派手な背景にちょっとゆがんだ「激 辛 数 独」の文字。むずかしそうというより、なんだか幻想的ですよね。
無数の組み合わせが存在する数独の地獄に送り込んでやろうか!って勢い。そうでもないか。

レベル表記の変更にもまだ慣れていません。
今までのレベル(激辛Level2~10)に変換しちゃいます。ポップンのレベルもまだそれを使ってます。




2013071802.jpg
↑激辛数独13


はい、激辛数独ですよ(ポン) といったイメージ。
以前のように攻撃的な印象はないですが、こういった雰囲気がニコリっぽいですよね。
ペンパ本の表紙っておだやかですよね。
日常生活にパズルが組み込まれている、そんな装丁。

そういえば謎の標語もなくなっちゃいましたね。あれニコリっぽくて大好きなのに、もったいない。
激辛数独9「なにもかも忘れて、飛び込んでおいで。」って最高じゃないですか。



私の問題に関して。

今まで見た目なんかこだわらない! 解き筋で勝負! といった雰囲気を醸し出していましたがここで一転、数字を綺麗に並べちゃった問題を数問用意しています!

No.41は私の自信作で、普段数字を並べない素人がどうしてこんな、配置も難度バランスもうまくいっちゃったんだと私自身びっくりする始末。
見た目だけでなく解き筋もけっこう気に入ってるのでぜひ解いてみてください。
むずかしい問題は、作っていくうちにむずかしいテクニックが消えてしまうのですけど、これはうまく残せてびっくりな配置に仕上がりました。
No.71も綺麗に並べられた問題。自分では気づいちゃえばむずかしくないタイプの問題だと思っています。気づかなかったら苦戦すること必至。



ほかにもおもしろそうな問題がそろっているのでオススメです!
どうしてこんな綺麗な配置でむずかしい問題をつくることができるのでしょうか。

毎回そうですけど、激辛数独はほかの数独やナンプレの本と違って、綺麗な配置で人間らしさの現れる問題が多いです。
西尾徹也さん監修の本も完成度は高いですね。激辛数独よりすばらしいんじゃないかと思うことしばしば。

それは除くとして、他の本や雑誌よりも優れているはずです。
高そうに見えても1問あたり7円程度ですし、こう考えるとぜんぜん問題なさそう。











激辛数独14用の問題を用意しなくちゃいけないので、暇を見つけて作成作業をしなくちゃ。
気力をください(´ー`)



関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.