スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回漢検1級模試



 第2回漢検1級模試、できました!


 第2回の公開がこんなに早くなるとは想像していなかったです。


 検定時間60分の200点満点、本番と同じ出題形式です。



 紙と鉛筆の準備ができましたら、つづきからどうぞ。










 (一) 次の傍線部分の読みをひらがなで記せ。
 1~20は音読み、21~30は訓読みである。 (30)1×30


 1、枕上に銛戟を横たえ備う。
 2、種種の失態を誚譲した。
 3、足を踏み外し跌墜す。
 4、巧みな話術で金銭を拐騙された。
 5、彼の驍名が洛中に溥洽する。
 6、遐陬僻土に移設を検討した。
 7、鴪隼が旻天を翔る。
 8、蜩螗沸羹としてシュプレヒコールが鳴り止まない。
 9、互いに意思疏通し提挈す。
 10、纏綿とした邪念を斫断する。
 11、書類銓衡のみでは臧否を決めかねる。
 12、悪を遏止すれば則ち擾乱治む。
 13、バスが目の前を過ぎ去り喟爾として歎息した。
 14、盤石なる丕祚にて天下太平なり。
 15、鑰匣を失くし慌てふためく。
 16、中殤する者も少なからずあった。
 17、陛下の宸襟を悩ます諸問題だ。
 18、夜半の皺月と供に一盞を傾ける。
 19、陶朱猗頓の富を夢見る。
 20、その商店街は年々亨通している。
 21、花筐を手に野山を散策する。
 22、多数の功績を讃えられ、を授かった。
 23、秣場の取捨が輸贏を決した。
 24、都邑に住む朋友を便とす。
 25、を北にして楚に適く。
 26、風変わりなを見るため躋攀する。
 27、悠久の時をえ今に至る。
 28、を用いた一級品の弓である。
 29、大昔のが出土した。
 30、良驥の足をして責むるに千里の任を以てす。



 (二) 次の傍線部分のカタカナを漢字で記せ。 (30)2×15

 1、領収書をカイザンする。
 2、初版本にはエンジが多い。
 3、エンザイの発覚が後を絶たない。
 4、彼の心情をソンタクし、余計な言動は慎む。
 5、ニベもない態度をされた。
 6、あの政治家からはドウシュウが漂う。
 7、輸入品をダカツ視する人は少なくない。
 8、悪夢にウナされて目を覚ます。
 9、検定に合格してしまえば、問題集はケイロクとなってしまう。
 10、リジン一閃として巻藁を断つ。
 11、カレンダーにサンリンボウを記しておく。
 12、キズイが過ぎる彼女の態度に辟易する。
 13、茶柱が立つことはキズイとされた。
 14、金品で罪をアガナう。
 15、大枚をはたいて大漢和辭典をアガナう。



 (三) 次の傍線部分のカタカナを国字で記せ。 (10)2×5

 1、隣の糂味噌。
 2、マス席で観戦する相撲は見事だ。
 3、イカルは嘴に特徴があり、観察しやすい。
 4、くっきりと鮮やかなニエが綺麗な刀だった。
 5、道路を一ヘクトメートルごとに区切る。



 (四) 次の1~5の意味を的確に表す語を、下の語群から選び、漢字で記せ。 (10)2×5

 1、のけものにする。
 2、いりまじる。みだれまじる。
 3、まわりをとりかこむ。
 4、がっかりするさま。
 5、詩歌。またそれを集めたもの。

 語群:「いにょう・ざつじゅう・ちゅうちょう・ちょくせん・どうこく・ひんせき・ぶぜん・へんじゅう」



 (五) 次の四字熟語について、問1と問2に答えよ。 (30)

 問1 次の四字熟語の(1~10)に入る適切な語を下の語群から選び漢字二字で示せ。 (20)2×10

 ア、( 1 )布裙
 イ、( 2 )来臨
 ウ、( 3 )追従
 エ、( 4 )鳩居
 オ、( 5 )不羈
 カ、草満( 6 )
 キ、格物( 7 )
 ク、被髪( 8 )
 ケ、老驥( 9 )
 コ、陵谷( 10 )

 語群:「あゆ・おうが・けいさい・けんかい・さじん・じゃくそう・せんぼう・ちち・ふくれき・れいぎょ」

 問2 次の11~15の解説・意味にあてはまるものを、問1のア~コの四字熟語から一つ選び、記号(ア~コ)で記せ。 (10)2×5

 11、わざわざお越しいただく。
 12、世の中の移り変わりが激しい。
 13、相手に気に入られようとする。
 14、粗末な服装のたとえ。
 15、他人の地位を奪う。



 (六) 次の熟字訓・当て字の読みを記せ。 (10)1×10

 1、凌霄花
 2、桃花鳥
 3、梭子魚
 4、神馬藻
 5、胡銅器
 6、三椏
 7、鹹草
 8、顋門
 9、蒲葵
 10、紅娘



 (七) 次の熟語の読み(音読み)と、その語義にふさわしい訓読みを(送りがなに注意して)ひらがなで記せ。 (10)1×10

 ア、1 呵筆 ―― 2 呵く
 イ、3 浩瀚 ―― 4 瀚い
 ウ、5 譖愬 ―― 6 譖える
 エ、7 嶮阨 ―― 8 嶮しい
 オ、9 輯寧 ―― 10 輯らぐ



 (八) 次の1~5の対義語、6~10の類義語を下の語群から選び、漢字で記せ。語群の語は一度だけ使うこと。 (20)2×10

   対義語

 1、扶助
 2、貪婪
 3、狭量
 4、韜晦
 5、真面目


   類義語

 6、遅疑
 7、匹敵
 8、伝言
 9、急流
 10、逆睹

 語群:「かんかつ・ききゅう・しゅんじゅん・せいちゅう・たんげい・てんたん・ほうしょう・ほうせい・ほんたん・ひれき」



 (九) 次の故事・成語・諺のカタカナの部分を漢字で記せ。 (20)2×10

 1、兄弟牆にセメげども、外その務りを禦ぐ
 2、かったいのカサうらみ。
 3、コンニャクで石垣を築く。
 4、両葉去らずんばフカを用いるに至る。
 5、騏驎も老いてはドバに劣る。
 6、勘当に科なくシャメンに忠なし。
 7、一日見ざればヒリン生ず。
 8、ヨウチョウたる淑女は君子の好逑。
 9、コハクは腐芥を取らず。
 10、チトウ春草の夢。



 (十) 文章中の傍線(1~10)のカタカナを漢字に直し、傍線(ア~コ)の漢字の読みをひらがなで記せ。 (30)2×10 1×10

 ○ A:

 村上浪六『三日月』を著わして大に時好を投じ、名声籍々たり。(ア)書肆春陽堂、此機を外ずさず、浪六に請うて春陽堂の楼上に籠り一書を著わさしむ。既にして『井筒女之助』の予報(1)コウコに伝わりて出ぬ前より評判喧すしく、確かに売れる見込あり。是を以って春陽堂主人の浪六を遇すること頗る厚し。湯に行かんとすれば(2)デッチがお付申すと云い、寄席へ行かんとすれば番頭がお供すると云う。其度毎に主人は気転をきかして、湯の時は四五拾銭、寄席の時には一二円、知らぬ間に(イ)に投込む。斯くの如くして春陽堂の財を遣わしむること数百円の高に上る、浪六後ち人に語って云わく『アノ時は思う存分の我儘をしてくれたが、浪六の小説出版の為めには五六万円儲けたろうから、気の毒とは思わんさ』

 (吉井庵千暦「名士の笑譚」より)



 ○ B:
 
 春陽堂、屡々露伴に小説の原稿を請う。露伴、性(ウ)疎懶にして意に適わざれば筆を執らず、春陽堂の主人、催促すること数十度、未だ稿を獲ず。即ち露伴自宅の楼上に招き、以て著作に従事せしむ。主人欵(かん)を求めんと欲し、島村の料理を取寄せ、(3)インギン厚遇頗る至る。露伴飽まで食らい、飽まで飲み、酒気漸く加わり、(エ)怡然として楽み、机に対し筆を把て何やら頻りに書下しつつあり。主人思えらく得たりと、即ち楼を下りて之を待ち将に夕ならんとする頃堂に上りて之を窺えば露伴は酔中夢裡の人にして(4)カンセイ雷の如し。机上には二三枚の書き散らしたる原稿あり。就て見れば豈図らんや。是れも当方の原稿にあらずして、翌日の国民新聞に載すべき小説の原稿なりし。

 (吉井庵千暦「名士の笑譚」より)



 ○ C:

 夫れ東都に於ける学生の風姿は如何に。(オ)似而非的豪傑風を気取り粗放懶慢大杯を傾け手に書巻を開かずして大声叱呼自ら快と称する者或は高尚なる快楽を享受すること(カ)わずして劣等なる快楽に堕落する者徒らに遊逸して(5)キョウリ一物なく口唇唯大事を吐くの徒学問なく経験なくして唇動に任せ巧言甘語人を欺くを快となすの輩を以て充満せり彼らは皆(キ)て立身出世の大望を抱き他日の大成を期する為には蛍光夜雪の苦の如き将た衣食の具備せさるが如き豈毫も関心する所にあらずと揚々放言して(6)ケツゼン出郷し勇然(7)キュウを負いて上京せし者にあらずや嗚呼(ク)曩日の放言能く現下の事実と投合するや否敢て余輩の言を待たざるなり。
 足跡一度び都門に入れば先ず奢侈の悪風に駆られ慈父母が丹精になれる衣物は都府の流行に(ケ)わずと之れを忌厭し新に流行を逐うて辺飾を調い華奢柔弱の悪俗に陥り時や已に岐路に迷入せしを知らず独り(8)トクトクたる何ぞ夫れ志操の転変堕落の迅速なる又甚だしからずや是れ吾人の視前に顕れつつある辺飾弊習の第一なり。

 (「新編日本遊学案内」より)



 ○ D:

 しかしこう思うのは高柳君の無理である。御雛様に芸者の立て引きがないと云って攻撃するのは御雛様の恋を解せぬものの言草である。中野君は富裕な名門に生れて、暖かい家庭に育ったほか、浮世の雨風は、(9)コタツへあたって、椽側の硝子戸越に眺めたばかりである。友禅の模様はわかる、金屏の冴えも解せる、銀燭の耀きもまばゆく思う。生きた女の美しさはなおさらに眼に映る。親の恩、兄弟の情、朋友の信、これらを知らぬほどの(10)ボッキョウカンでは無論ない。歯を病んだ事のないものに、歯の痛みを持って行くよりも、早く歯医者に馳けつけるのが近道だ。そう痛がらんでもいいさと云われる病人は、けっして(コ)慰藉を受けたとは思うまい。

 (夏目漱石「野分」より)




 標準解答はこちら
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。