FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢熟検の結果を簡単に報告



 ここ数年、涼しく感じられる秋が短くなっている気がします。



 こんにちは。体調を崩したぶろです。



 風邪かなと思ったら早めに手を打つようになったので、症状は悪化しませんでした。とはいえ頭痛い…

 事前の対処は大事ですね。葛根湯すごいです。




 さて、10月に受けてきた漢熟検の結果が通知されました。

 1ヶ月ほど前から確認できましたが、報告はまだでした。



 

2014110702.png

2014110701.png

 小さい画像でごめんなさい。
 自己採点どおり82点で合格です。





 典拠とは違っていた書き取り「シタガ」うは「従」うでも正答、読み「喧」しいは「かまびす」しいでも正答でした。

 出典を見てみると、シタガうは「遵」う、喧しいは「かしま」しいとなっています(喧で「かしま」しいという読みは、漢検要覧に載っていません)。




 文章を売って生計を立てることを意味する「イクブン」、正答は「粥文」となっています。
 私の答えた「鬻文」は正答とされませんでした。売るという意味は鬻のほうがよく用いられているイメージです。鬻文はだめなんですか…




 もうひとつ、読み「丞相」を「ジョウショウ」と答えましたが、これも正答とされませんでした。おかしいヾ(:3ノシヾ)ノシ
 
 Twitterで何度もツイートしました。ここにも残しておきます。

 漢熟検の標準解答によると、正答は「ジョウソウ」もしくは「ショウゾウ」らしいです。



 漢検準1級の演習でよく見る「丞相」、ジョウショウと読む人は多いでしょう。ATOKさんはジョウショウで「丞相」と変換してくれます。goo辞書でも「ジョウショウ」もしくは「ショウジョウ」と表記されています。これは絶対おかしいですよね…



 私は合格したのでいいかな、と報告程度で事を荒立てないつもりです。

 もし丞相を誤答とされて合格点に1点届かない方がいたら不憫でならないです。早急に改善してほしいですね。







 以前の記事にも書いたとおり、漢熟検1級のレベルの差は激しすぎます。


 前回(第1回)の漢熟検1級は漢検準1級に毛が生えた程度のレベルで、今回(第2回)の漢熟検1級は漢検1級に毛が生えた程度のレベルでした。



 漢検の準1級と1級って大差ない? と感じる方は多いと思いますが、数学でたとえるなら高校入試数学と大学入試数学くらい差があると思います。いくら出題範囲無制限でも、はっきり言って許される難度差ではないです。



 それに比べ漢検1級は、10年前と出題形式こそ変わらないものの、その頃よりかなり難化しました。


 漢検協会側は、一応毎回の検定で大きな差は出ないような問題をつくっている、とどこかに表記してありました。2級~10級の範囲に限られそうな気はしますが。


 たしかにそのとおり。漢検1級の難度差が小さすぎて、漢検の好感度があがりました!! それくらい漢熟検はひどかった…







 「鬻文」は百歩譲って誤答とされても仕方がないです。私の所持している辞書にこの熟語は載っていなく、検索しても中国語しか出てこないのですから(ちなみに中国語でも「鬻文」で検索したらその意味っぽいヒットはしました)。


 ただ「丞相」の件はだめですよね。
 採点結果が通知されるまでは、第3回の漢熟検を受けようかなと考えていました。


 この採点結果のせいで、第3回漢熟検1級を受ける気は一切なくなりました。

 無事1級に合格しましたし、当分漢熟検を受けることはないでしょう。





















 第3回は易化する可能性がありますし、気になる方は受けてみるのもいいです。

 おかしな採点基準のせいで正答を誤答とされる可能性はありますけどね!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。