激辛数独16



 最近やっと激辛数独9をはじめました。
 激辛数独1~6はすべて解いてあって、激辛数独7は残りLevel9~10、激辛数独8は残りLevel10です。
 むずかしい問題は解けないので、激辛数独9の簡単な問題を解いて楽しんでいます。



 こんにちは。数独は寒いうちにある程度つくっておきたいぶろです。


 パズル制作ってなぜか寒いときの方がはかどります。ただ毎回締切直前(8月あたり)にまとめてつくっちゃうんですよね。締切に追われています。





 2014120902.jpg

 さて、今年の12月も激辛数独、発売されました!


 激辛数独は根強い人気があるみたいですね。数独やナンプレの本で、ここまで高品質な本はめったにないです。
 ニコリが半年に一度刊行しているだけのことはあります。楽しみにしていた方々お待たせいたしました!



 激辛数独と同等の質(おもしろくてむずかしい、かつ配置が美しい)のものは、西尾徹也の世界で一番美しくて難しいナンプレシリーズ、世界文化社のナンプレだと感じます。つまり西尾徹也氏が監修しているものです。






 今回の激辛数独16、パラパラとめくって問題を眺めてみますと、驚きの配置のものばかり。
 年々作者のレベルが高くなっているのではないでしょうか。


 むずかしさの面では世界文化社のものより一歩劣る激辛数独ですが、現時点で私にはむずかしすぎますし今後もこの路線でいいと思います。




 今回私の問題は2問載っています。

 去年よりむずかしめの問題がつくれたので、平年より難度の高いものを用意できましたが、掲載量は減ってしまいました。
 私はむずかしい問題の中の上(H8~H9程度)、激辛数独の中では比較的簡単な問題を提供するポジションのほうがよさそうです。


 むずかしい問題をつくっていたら完成したときにレベルが下がってしまった、ということもよくあります。
 ただ激辛数独中難度に関してはちゃんと仕組んで組み込むものが多いです。

 一発勝負、一度難所を超えたらスラスラ解けてしまう傾向のものばかりになるのが私のよくないところですね。
 2ヶ所以上難所のある問題をいくつもつくる、を目標にします!



 掲載された2問のうち、簡単なほうは見た目重視、むずかしいほうは解き味重視です。








 むずかしいほうはうまくいったかなと感じています。感想があればおきかせください。

 解いていただいた方の楽しかったという意見、むずかしかったという意見が問題制作の意欲につながりますので。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.