平成27年度第3回漢検1級


 恒例の漢検。最近この内容でしかブログ更新してないような。




 こんにちは。直前の国字の練習は欠かさないぶろです。

 点取り項目の国字、今まで3回くらい間違えています。普段使わないものばかりでなじみがないですからね。



 前回の検定で用いた「漢字検定三略」の上略の続編、「漢字検定三略」の中略を解きました。すべて解こうと意気込んでいましたが、ほかに確認したいものや気力の問題で半分しか解きませんでした。

 今回の検定に向けての勉強はけっこうなまけてしまったのであまりしていないです。
 向上心の維持も目的なので、次こそしっかり勉強します…










 さて、今回の自己採点結果と簡単に出題別の難易について。






 「頻出」 → 今まで何度も出題されている(と感じる)もの。
 「過去問」 → 過去に難問として出題されたもの。出題された回数は2回以上だけれども頻出とまではいえない。
 「初出」 → おそらくはじめて出題されたであろう難問。この初出がまた出題されたら、以降は過去問扱い。






 今回も、自己採点にははぶさんのブログを参考にしました! 毎度ありがとうございます。





 (一)、読み: 29/30
 
 いつもどおりですけど過去問が多い印象なので若干やさしいと感じました。
 24点程度ならしっかり勉強していれば問題なく取れそうな内容でした。





 (二)、書き: 28/30

 前回書き取りが難化したため、おそらく今回はやさしくなるかなと予想したとおりでした。
 おそらく一番むずかしかった書き取りが「胴欲」(これ正解した人はどれくらいいるのでしょうか)、次に「俘囚」、「楔形(ケッケイ)」でしょう。ほかは過去に出題されているはずです。





 (三)、国字: 10/10

 今回も単位の書き取りはありました。フィートでした。





 (四)、語選択書き取り: 10/10

 語群の中のダミーは判別しやすかったので迷いはしませんでした。ただ熟語が若干むずかしめ。
 「疇昔」は過去に出題されていて(H24-2 文章題)、「管窺」は管窺蠡測を覚えていれば問題なく解答でき(実はこれ結構難問か)、「褐寛博」はH26の三文字熟語が出された年度に懲りて対策していれば普通に正解できたであろう熟語でしょう。





 (五)、四字熟語: 28/30

 新出3問、ほか過去問ベースというおなじみの出題内容。四字熟語を広く押さえていれば満点近く取れるでしょう。
 意味でひとつ間違えてしまったので28点。意味のダミーはわりとむずかしいのではないでしょうか。漢字書き取り以外唯一の2点問題なだけあって、昨今の意味項目は大事故を起こしやすいでしょう。四字熟語大事! 意味も大事!




 (六)、熟字訓・当て字: 10/10

 4文字の熟字訓出ました! 出題しないのが暗黙の了解のようでしたけど、そんなことないぞと宣言しているようですね。新出は2問「鉄刀木」と「側金盞花」。前者は漢字の勉強云々以前に知っていましたし、後者は4文字のものをいくつか押さえた中のひとつでした。次回も頻出と過去問をしっかり復習しておけば7点ほど取れそうです。そのため合格を狙うなら国字の次に勉強量が少なくてもいい項目でしょう。





 (七)、熟語の読み・一字訓読み: 10/10

 ひと目すべて過去問かなと感じました。易しかったです。読みにくいものが多かったので、過去問をしっかり勉強しているかどうかで差が出たでしょう。





 (八)、対義語・類義語: 18/20

 なかなかむずかしい問題だったと感じました。頻出、過去問、新出が同程度出題されていたので、わからない語句が多かったという方は少なくないはずです。記された熟語は見慣れないものの連想しやすいので、埋まるときは迷わず書けたはずです。





 (九)、故事・諺: 20/20

 毎度涙の出るむずかしさのこの項目ですが、今回はかなり易しかったです。
 すべての問題が、おそらく何かしらの形で過去に出題されている気がします。そのため満点続出でしょうね。
 対義語・類義語まで解いてそこまでむずかしい問題を見なかったので覚悟しましたが拍子抜けでした。





 (十)、文章題: 28/30

 新出多めですがそこまでむずかしくない模様。1級リピーターには易しく、初合格を狙う方にはむずかしい問題でしょうか。
 読みは特筆すべき問題がないくらい頻出や易しいもので構成されていました。書きは新出多め。ホウスンがわからず不正解。文章を読んでいくと、心情を表す言葉なんだなと読み取れますがそれでどつぼにはまりました。何も考えず適当に書いた方がよかったです_(:3」∠)_







 自己採点で 191/200 


 自己採点どおりなら初の190点台!

 前回の検定からたいした努力もせずにこの点数。易化しました。合格率は20%に満たない程度と予想。

 
 そして役に立った気がしない三略。といっても有用な問題集であることは間違いないので、次の検定までに最後まで解いておきますね。





 出題されそうな問題を把握しておくことは重要ですけど、基本は頻出問題、それに近年の傾向では過去問の比重が大きいので、5年分くらい過去問を解いておきましょう。


 頻出と過去問、前回も書いたように1級配当のみならず出題されそうなもの(字面だけでは意味がわかりにくい、いわゆる「転じて」のもの)を押さえておけば、それだけでかなり合格点に近づきます。








 雑なまとめですが今回はここまで。


 配当級別の考察は次回更新します。今度こそ次回! おたのしみに!












 当日のTwitterでの動向はこちら


 → 平成27年度第三回漢字検定1級(こたつで寝るさんまとめ)

 → 平成27年度第三回漢字検定1級(いおたさんまとめ)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016/03/31/Thu 21:36 [EDIT]
こんにちは。こちらこそ先日はありがとうございました。
漢検1級合格のお役に立てれば幸いです。

リピーターのアドバイスは勉強量の差はあるものの、だいたい同じようなものかなと思います。よく出る問題と過去問が大事です!

漢字の内容に関してはは少ないですが、twitter( https://twitter.com/brochan )はほぼ毎日更新していますので、よろしければこちらをご確認ください(。・ω・。)
ぶろちゃん | URL | 2016/04/04/Mon 11:50 [EDIT]
ぶろちゃんさん、はじめまして。
むーと申します。

漢字検定1級で「191点」は、非常に素晴らしい成績ですね。
しかも、2年連続で表彰されていて、私もぶろちゃんさんを見習って、漢字学習に励んで参りたいと思います。

ここで、簡単に私の自己紹介をさせていただきます。
私は、「日本語検定1級」、「漢字検定準1級」、「語彙・読解力検定準1級」を取得しており、継続して受検しております。
また、日本語検定1級において、「読売新聞社賞」や「時事通信社賞」を受賞、漢字検定準1級では、「日本漢字能力検定協会賞」を受賞しました。
来月には、また日本語検定1・2級をダブル受検する予定です。

こんな私ですが、宜しくお願い致します。
むー | URL | 2016/05/15/Sun 22:31 [EDIT]
むーさんはじめまして。ぶろちゃんと申します。
漢検1級に向けての勉強ですか? 1級は大変ですよね。私もまだまだ油断できないです、とりあえずブログを更新しないといけません。

日本語検定1級はかなりむずかしそうです。そちらの検定や漢検で受賞しているだなんておそれ多いです><

今回日本語検定の2級を申し込んだので、今それの勉強している最中です。日本語検定のリピーターはきいたことないのでかなり興味があります!


ブログの更新頻度はあまり高くないですが今後もよろしくお願いします。
ぶろちゃん | URL | 2016/05/19/Thu 03:04 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.