難関数独・超激辛数独



 ついにこんな時代が! 10年以上続いた激辛数独シリーズ、さらに難易度別の2冊に分かれることに!




 こんにちは。激辛数独新時代についていけていないぶろです。





 IMG_3090.jpg


 難関数独: 従来の激辛数独に掲載されていた難度のうち、ものすごくむずかしい(H10~10+表記)のものを除いた構成

 超激辛数独: H9~H10+のみ。とってもむずかしい!



 IMG_3088.jpg

 今後はこちらメインの活動になると思います。自称激辛数独の中くらいの問題担当ですので。といっても、できるだけむずかしい問題を作れるよう精進するつもりではいます。後述しますが、殊に最近の超むずかしい問題、ハイレベルすぎやしませんかね… 私程度の力じゃ全然届かないです。


 昔は解き味や手筋重視で作問していましたが、最近は数字を並べて作ることもあります。普通に作ったときも、最終調整で数字の配置を入れ替え、なるべく綺麗な状態に仕上げます。そのため今回の私の問題も、手前味噌ながら見た目がオシャレです。




 こちらに私の問題が5問掲載されています。


 そのうちの2問に関して。

 1問目は№5。5問しかないMedium枠に載りました! ここは熾烈な争いになっているはずなのでうれしい限りです。完成したときに手を挙げて喜びましたが難度が足らずどうなるかと不安でした。


 2問目は№76。配置、難度ともに自慢です。ひとつひとつ丁寧に埋まっていく具合、見事に仕上がりました。




 ニコリの数独は、しらずしらずのうちにブランド化されている印象です。とりわけ激辛数独シリーズはむずかしさもさることながら、美しい配置にびっくりです。

 ここまで綺麗に仕上がっている問題集、ほとんどないです。毎度すばらしいなと驚嘆します。



 従来の激辛数独に触れている方は難関数独に興味ないかもしれませんが、こちらもよろしくお願いします><











IMG_3089.jpg

 これぞ"お待たせしました"です。

 激辛数独なのに、激辛なのは最後の20問ほどじゃん… と感じていた方は多いでしょう。
 その方のための本です。


 ちなみに、私も激辛数独を解いているときはそちら側の人でした。激辛数独5あたりです(笑)

 ただ最近の問題はむずかしさの質がその当時、10年前とはえらく違うようで。もうむずかしすぎる問題は疲れてしまいます。






 全91問のうち、45問がH10+の問題です。今まで多くても20問ほどでしたので、倍増です。カステラの茶色い部分だけをまとめて食べるような贅沢です。最難の45問を除いても、残りの問題はその一歩手前のレベル。すごいすごすぎる…


 難関数独と同じく、配置が美しいです。作家目線では、どうしてこんな配置で問題として成立するのかと毎回考えさせられます。驚愕の配置&難度で完成させる作り方の真髄を教えていただきたいです。




 超激辛数独、解答ページに難所のヒントが記載されています! 今までの解答は、解き方について何も触れていないので、実質解答がない状態でした。ほんとに解けるの? と感じる方が多くいるでしょうから、その要望に応える形になりました。




 私個人としては、ヒントを掲載しない方がよかったのかなと思います。


 こういった類は、悩むと数時間考え込んでしまいます。答えを知れたら見てみたいと思うことは何度もありました。今は何かしらの手段で解き方を調べることができる時代ですので、その気になれば知ることができます。その段階が私には非常に大事でして、繁雑さというか罪悪感というか、調べる作業をためらうきっかけとなっていました。


 問題集にヒントが載っていると、魔が差したとき(?)にすぐ確認できてしまいます。自分で解決の端緒を見いだすことが目的ですので、解答を見てしまったら考えている意味がないような気がします。

 ヒントを載せるなら、もっと手間が掛かってわかりにくいヒントにしていただきたい!




 ただ、ヒントがあってよかった! ほんとに解けるんだ! と安堵する方にとっては有用ですので、これでよかったのでしょう。







 今のところ解く気力はないので、ヒントをパラパラと眺めてみます。






 …びっくりしました。自身の想像を超えるH10+問題のむずかしさたるや!


 私の自信作がH10(最難の一歩手前)止まりで、どうしてかと思っていましたが、納得です。H10とH10+の懸隔にひっくり返りましたよ。ただ、解き味でも難度を決めているみたいなので、難所が多くてもH10判定のものは多いです。 




 ニコリの数独で一番むずかしいとされる井桁(対角線)の解法、1回でも使えばH10+判定かな? くらいの印象でしたが、いやいやそんなことなかったです。ヒントを見る限り、1問で何回井桁させるのか…しかもそれ以外の難所もあるとは… 数独の世界ってこんなに進歩していたんですね。勉強します(´・ω・`)



 嬉々として超激辛数独を解いている皆さん、がんばってください。私は激辛数独8の最難レベルが10問ほど残っているので、まずはそちらをかたづけます。





 この超激辛数独に私の問題が1問載っています! すごい!


 激辛数独6以来の最難判定、H10+です。私もそのレベルだと思っています。配置も難度もうまくいきました…が、H10+の2問目。ほかの作家さんの問題がむずかしすぎるため、妥当な順番です。超激辛数独に爪痕を残せたので、満足しています。

 次もここに掲載される問題を作ろうというモチベーションにつながりました。















 激辛数独が2冊に分かれて、数独やナンプレの本があふれかえっているのに需要はあるのかと心配でしたが、むずかしさと綺麗な配置で他のナンプレ本よりも存在感があります。今作も価格以上の価値があると実感しました。




 超激辛数独に疲れてしまったとき、息抜きとして難関数独を解くとストレスなく楽しめそうです。ですから、超激辛数独だけでなく難関数独も手元に置いてみてはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ヤイタのブログ ぶろちゃん日記. all rights reserved.